アクセンチュア、ESG経営を支援するAIソリューションの提供を開始

アクセンチュア株式会社は、企業の環境・社会・企業統治(ESG)に対する取り組みが、企業価値にもたらすインパクトを分析・予測し、企業成長につながる施策を提示することで、ESG経営を支援するAIソリューション「AI Powered Enterprise Value Cockpit(エーアイパワード エンタープライズ バリュー コックピット)」の提供を開始したことを発表した。

「AI Powered Enterprise Value Cockpit」には、財務三表やCSR関連データなど、社内外のデータソースから集められた400以上の財務・非財務指標を基に、企業の時価総額を予測するAIモデルが搭載されている。

企業は、自社が取り組む温室効果ガス削減策、生物多様性に配慮した活動、女性活躍推進や働き方改革などのESG施策が、自社の企業価値に与えるインパクトの因果関係を把握し、可視化することが可能だ。

アクセンチュア、ESG経営を支援するAIソリューションの提供を開始
「AI Powered Enterprise Value Cockpit」の全体像

さらに、自社の将来の企業価値向上に最も貢献するESG施策をAIが予測し、それらの施策を実施した場合の企業価値のシミュレーションも提示する。これにより、データに基づくESG目標設定が可能となり、株主などのステークホルダーへの説明にも活用できる。

なお、「AI Powered Enterprise Value Cockpit」は、KDDI株式会社での導入が決定している。