MODE、画像データ収集・活用に特化した「画像データ収集パッケージ」を提供開始

MODE,Inc.は、センサデータに特化したデータ収集サービス「MODE Sensor Cloud」や、IoTゲートウェイ、センサ特化時系列データベース、データ活用のためのユーザーインターフェースなどの提供を行なっている。

そうした中、デバイスとIoTプラットフォームをセットにし、目的に合わせて利用することができるサービスパッケージの提供を開始した。第一弾は、画像データ収集を行うことができる、カメラとゲートウェイ、MODEセンサークラウドがパッケージになった「画像データ収集パッケージ」を、2022年8月1日から提供する。

カメラとゲートウェイを設置することで、カメラから収集した画像データを一つのクラウドプラットフォームに蓄積し、データをブラウザからリアルタイムで確認できるサービスだ。

MODE、画像データ収集・活用に特化した「画像データ収集パッケージ」を提供開始
「画像データ収集パッケージ」の構成

複数のカメラを設置する場合でも、マップ詳細機能を使うことで、その設置位置を把握することが可能だ。

また、MODEのIoTプラットフォームはカメラだけでなく、様々なセンサと組み合わせることができるため、センサからの情報をトリガーとした複合的なレコーディングを行うことができる。例えば、人感センサと連動させることで、「人が通った前後15秒の意味のついた動画だけを蓄積」といったことが可能となる。

さらに、APIを利用したシステム連携も可能のため、外部のシステムから動画のサムネイルやクリップなどを参照することも可能だ。

MODE、画像データ収集・活用に特化した「画像データ収集パッケージ」を提供開始
複数の現場への導入例。API連携により、アラートメールや外部システムからの参照を行うことができる。

対応するカメラは、一般的なWebカメラから、建設現場などの環境に対応できるPPoEにて給電できる高精細カメラなど、用途によって対応可能。現時点で「MODE Sensor Cloud」に対応していないカメラでも、カスタム開発により利用することができる。