パイオニア、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」用“WEB APIサービス”の提供を開始

パイオニアは、同社が提供しているクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の多彩な機能を、他のサービスと連携させて使用できる“WEB APIサービス”の提供を開始する。

同社のクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」は、パイオニア製のカーナビゲーションやミラー型テレマティクス端末を車両情報通信端末として、通信回線を使って送信される精度の高い車両位置や走行データを基に、登録地点や運行コースの管理・共有や車両状況把握のほか、メッセージ送信や日報作成など高度な運行支援・運行管理を行える。

今回提供が開始される「ビークルアシスト」用の“WEB APIサービス”と同社製業務用車載端末を使用することで、顧客やシステムインテグレーターなどが使用もしくは提供している既存サービスでも、そのサーバー経由で「ビークルアシスト」の多彩な機能を利用できるようになる。これにより、専用端末などを開発することなく、車両端末情報を利用した新しいシステム・サービスを構築できる。

※ WEB API(Aprication Programing Interface)は、コンピュータープログラムで作成された機能を外部のプログラムから利用するための手順・規約の一つで、他のサイトで提供されている機能や情報を自社のWebサイトに組み込んだり、外部アプリケーションを使って利用したりする際などに用いられる。

 

「ビークルアシスト」用“WEB APIサービス”の特長

・車両位置や速度などのさまざまな車載機データを管理・解析するパイオニアのビークルアシストサーバーを利用して、顧客が使用もしくは提供されているサービスの機能を拡充することができる。

・顧客が提供しているサービスに「ビークルアシスト」で得られる情報を付加することができるので、独自のシステム・サービスとしてエンドユーザーに提供できる。

・車両運行管理などの既存サービスに、手軽に車載端末を追加できる。同社の業務用車載端末を最新機種に変更してもAPIコマンドが変わらないため、開発、維持コストを削減することができる。

・専用IDでの認証や暗号化通信(SSL)による接続などの高いセキュリティーと、安心のデータ管理・運用下でAPIサービスを活用できる。

 

「ビークルアシスト」の主な機能

営業車両などの安全運転・労務管理・業務効率向上に活用できる機能が備わっている※。

「ビークルアシスト」用の“WEB APIサービス”で、各機能と顧客のサービスを連携させることができる。

※車載端末とサービスの組み合わせにより、一部機能に制限がある。

・地点登録画面
・コース登録
・軌跡管理
・日報
・動態管理
・メッセージ送信

 

【関連リンク】
パイオニア(PIONEER)

Previous

NEC、監視カメラ映像から不審物の置き去りや混雑状況を検知する実証実験を実施

キヤノン、MRシステムのヘッドマウントディスプレイ「MREAL Display MD-10」を発売

Next