NRIセキュア、工場の制御システムのセキュリティを可視化・監視するマネージドサービスを提供開始

工場システムを取り巻く環境は、スマートファクトリー化によって変化している中、事業者に求められるセキュリティ要件の水準が一段と高くなっている。

そうした中、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下、NRIセキュア)は、工場の設備等を制御・運用するためのシステム(OTおよびIoT)のセキュリティを可視化・監視する「マネージドNDR(Nozomi Networks for OT/IoT)」サービスを、2022年8月4日より提供する。

このサービスでは、スイスに本社を置くNozomi Networks, Inc.(ノゾミ ネットワークス社)のOTおよびIoT向けセキュリティソリューション「Nozomi Guardian(ノゾミ ガーディアン)」を用いて、工場システム(OT・IoT)の可視化・異常検知・分析・トリアージ(インシデント対応の優先順位付け)から、設定のチューニング・保守サポートまでを提供する。

このサービスでは、工場システムの稼働に影響を与えない形で「Nozomi Guardian」を監視対象の工場ネットワークに導入し、工場システムの設備や端末等を可視化したうえで、異常が起きていないかどうかを、NRIセキュアが24時間365日体制で監視する。

サイバー攻撃やOT・IoTの異常を検知した際には、NRIセキュアのアナリストが、導入企業の担当者に通知して対応を支援する。

NRIセキュア、工場の制御システムのセキュリティを可視化・監視するマネージドサービスを提供開始
「マネージドNDR(Nozomi Networks for OT/IoT)」サービス提供イメージ