ソフトバンクロボティクスとソフトバンク、人型ロボット「Pepper」がAndroid に対応

ソフトバンクロボティクス株式会社とソフトバンク株式会社は、人型ロボット「Pepper」をGoogle のAndroid™ に対応させ、2016年7月より開発者向けモデルを先行販売すると発表した。

それに先立ち、Android のプラットフォーム上でロボアプリの開発が可能になる新しいソフトウエア開発キット(以下「SDK」)「Pepper SDK for Android Studio」のベータ版が、本日5月19日より提供開始された。

 

PepperがAndroid に対応することで、Android のアプリケーション開発者はすでに持っている知識や技術を活用して、Pepper向けのロボアプリを開発することが可能になる。Android のアプリケーション開発者は世界中に数多くいるため、Android に対応することでPepper向けロボアプリ開発者の裾野が大きく広がることになる。

なお、従来のSDKである「Choregraphe(コレグラフ)」も引き続き提供。「Choregraphe」で開発したロボアプリは、Android に対応したPepperでも利用可能だ。

 

[注]Pepperの胸部ディスプレーをAndroid 搭載のものにし、NAOqiと連携させることで実現するものである。

 

Android に対応したPepperの開発者向けモデル先行販売について

販売開始時期

2016年7月

価格、料金プラン

本体価格 198,000円
Pepper 基本プラン 11,800円×36カ月(分割支払)
Pepper 保険パック 9,800円×36カ月(分割支払)
総額(3年) 975,600円

※価格はすべて税抜き。

 

「Pepper SDK for Android Studio」について

提供開始日

2016年5月19日

ダウンロード方法

ホームページにアクセスしてダウンロード

価格

無料

 

【関連リンク】
ソフトバンクロボティクス(SoftBank Robotics)
ソフトバンク(SoftBank)

Previous

ぷらっとホーム、IBM Watson IoT Platformを利用した屋内外の位置測位が可能なIoTソリューションパッケージを発表

KDDI、スマホVRサービスを手掛けるハコスコへの出資し、VRの普及に向けたVRプラットフォーム構築を加速化

Next