アステリアとリモテック、空調設備などの赤外線リモコン対応電化製品をエッジで制御する製品を共同開発

空調設備は、消費電力の大きい電化製品のひとつであり、効率的な運用が求められている。しかし、空調設備をはじめとする多くの電化製品は、赤外線通信による「リモコン」での制御が主流であるため、センサなどのIoTデバイスと連携したシステム構築が難しいという課題がある。

そうした中、アステリア株式会社と香港の遠隔制御システム開発会社Remotec Technology Limited(以下 リモテック)は、アステリアのAI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio(グラヴィオ)」と、リモテックの手がける遠隔制御システムを活用し、オフィス向けの赤外線リモコン対応電化製品IoT化エッジ開発キット「Smart IR Edge Control Toolkit」を共同開発した。そして第一弾として、空調設備向けに、2022年8月9日よりアジア地域への販売を開始することを発表した。

「Smart IR Edge Control Toolkit」は、Gravioセンサー(温湿度センサー、CO2センサーなど計10種)、Gravio USB Zigbeeドングル、Remotec USB 遠隔制御用赤外線デバイス、エッジコンピューターからなる開発キットだ。

GravioのIoTセンサで取得した温湿度、CO2濃度、在室人数などの様々なデータをもとに、リモテックの遠隔制御システムをGravioが統合管理する。

アステリアとリモテック、空調設備などの赤外線リモコン対応電化製品をエッジで制御する製品を共同開発
開発キットを組み込んだ空調設備の概要を表した一例。

「Smart IR Edge Control Toolkit」は、アジアを中心とした事業者向けに設計されており、まずは数量限定で提供され、ニーズに応じて提供数や対応機器を拡大していくとしている。