オプテージ、スマートホームIoTサービスを「IOPT」として事業展開することを発表

株式会社オプテージは、2022年6月1日に株式会社リンクジャパンと資本業務提携を行い、スマートホームIoT事業において、新サービスの開発などを開始している。

そして本日オプテージは、スマートホームIoT事業のサービス名を「IOPT(アイオプト)」と定めて、全国展開することを発表した。

「IOPT」は、様々なメーカ機器と連携可能なIoTプラットフォームとアプリケーションを保有している。

なお、東京と大阪にて開催される「不動産テック EXPO」に出展し、「IOPT」を紹介する。

オプテージ、スマートホームIoTサービスを「IOPT」として事業展開することを発表
「不動産テック EXPO」の展示イメージ

「不動産テック EXPO」では、スマートホームIoTに対応した家電を揃えた部屋や、オートロックシステムのマンション共用部が用意され、家電一括操作アプリ「HomeLink」や無人内覧システム「セルフ内覧」などを実際に体験できるほか、クラウドカメラおよびAIカメラも設置されている。