i-PROのAIネットワークカメラで、モルフォAISの画像解析AIソリューションが利用可能に

i-PRO株式会社は、株式会社モルフォAIソリューションズ(以下、モルフォAIS)の画像解析AIソリューション「みまもりAI:Duranta(デュランタ)」が、i-PRO AIネットワークカメラの機能拡張ソフトウェアとして利用可能になったことを発表した。

「みまもりAI:Duranta」は、車椅子や白杖、転倒などを検出することで、転倒事故や手助けが必要な方の早期発見を行うAIだ。

i-PRO製AIネットワークカメラは、カメラ本体に内蔵されたAIプロセッサにより、画像分析・解析をカメラ内部で行うことができるため、「みまもりAI:Duranta」を機能拡張ソフトウェアとして搭載することにより、転倒・白杖・車いす・滞留・侵入等をカメラ映像から検出することが可能になり、PC上の映像監視ソフトウェア(WV-ASM300(W)等)と連動してアラームを発報する。

また、「みまもりAI:Duranta」は、ファクトリー・プラント向けやレジデンス向けなど、利用環境に応じて複数の機能をパッケージ化し展開している。

i-PROのAIネットワークカメラで、モルフォAISの画像解析AIソリューションが利用可能に
レジデンス向けの住居みまもりパッケージ。エントランス転倒事故や要介護者の発見を画像解析により行なっている。