OKI、人とエッジデバイスが連携して高度遠隔運用を実現するリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を開発

近年、現場の人手不足が深刻化しサービスロボットをはじめとするDXの導入が進んでいる。しかし現場業務の代替が先行し、人の活動との共存や協調など、業務特性にあわせた考慮が足らず、導入後に問題となる事例が増えている。

沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、人と多種ロボット、さまざまなエッジデバイス(※1)を連携し、遠隔からリアルタイムかつ直感的に現場対応を行うリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を開発した。

REMOWAYは、人やロボット、センサー、IoT端末、インフラ装置など多種多様なエッジデバイスが混在する環境下でも、柔軟に連携制御ができるプラットフォーム技術である。従来困難であったメーカーが異なる複数ロボットの遠隔運用、既設の各種センサー・端末・インフラなどの遠隔モニタリングに有効な解決策となる。

また、複数拠点を1:Nで運用、さらにM:N運用(※2)へ拡張できるため、現場の人材不足を解消する省人化や業務効率化だけでなく、人手を増やさずにサービス領域の拡大にも柔軟に対応することができる。

さらに、エッジデバイスが接続しやすいHTTP/MQTT(※3)のインターフェースを備えている。これにより、現場のエッジデバイスと運用センターを最適かつ柔軟に連携する。加えて、エッジデバイスから取得されたデータをリアルタイムでモニタリングできる。利用者の視認性に合わせ、収集情報からアクションプランやエスカレーションを一元化して表示することも可能だ。

また、メーカーが異なるロボットは、OKIのエッジモジュール「ROMBOX(※4)」を使用することで運用できる。プロトコル変換や通信の冗長化などロボット運用に必要な共通機能も提供可能だ。そのほか、OSS(※5)を活用することで、多種多様なエッジデバイスとの連携だけでなく、ベンダー提供するプラットフォームとの連携もできる。既存環境のAPIも活用できる。

OKIは、技術開発拠点であるOKI蕨システムセンターにおいて、REMOWAYによるさまざまなエッジデバイスを連携した実証実験を、共創パートナーと推進している。現在は、スマート・ロボット「temi」(※6)を使用した警備巡回・接客案内や、エレベーターに「Ville-feuille」(※7)を導入しロボットと連携させ複数フロアーの自動巡回を行うなどの実証実験を行っている。
OKI、人とエッジデバイスが連携して高度遠隔運用を実現するリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を開発
今後OKIは、労働力不足が深刻になっている商業施設、介護施設、工事現場、公共施設などの業務領域において、共創パートナーとともにREMOWAYの効果検証と改善をすすめ、早期の市場参入を目指す。

※1 エッジデバイス:インターネットなどのネットワーク環境に接続された機器(例:ロボットやセンサー、モバイル端末、エレベーターなど)。
※2 1:N運用およびM:N運用:1:N運用とは、人が多拠点の業務運用を行うことや、人が複数のロボットを使用して業務運用を行うことを意味する。また、M:N運用は、1:N運用をさらに拡大させ、複数の人が複数のエッジデバイスが業務特性にあわせて柔軟に連携し業務運用すること。
※3 MQTT(Message Queue. Telemetry Transport):TCP/IP上で動作するPublish/Subscribe型のシンプルな非同期、双方向プロトコル。軽量さ、柔軟性の点でIoTに最適なネットワーク・プロトコルの一つ。
※4 ROMBOX(Remote Operation Module BOX):堅牢なネットワークで運用センターとエッジデバイスとのリアルタイム接続を維持しながら、エッジデバイスのサービス提供状態を監視および制御する装置またはソフトウェア。
※5 OSS(Open Source Software):ソースコードが公開されており、無償で誰でも自由に改変、再配布が可能なソフトウェア。
※6 temi:Robotemiが開発した、AIアシスタント機能を持ち、自律移動と遠隔操作(テレプレゼンス)の両方が可能なスマート・ロボット。
※7 Ville-feuille:三菱電機ビルソリューションズ株式会社が提供するスマートシティ・ビルIoTプラットフォーム。ロボット移動支援サービスは「Ville-feuille」を活用し、ロボットのエレベーター乗降やセキュリティーエリアを跨いだ移動を可能とし、建物の運用や管理における省人・省力化に貢献するOKI、人とエッジデバイスが連携して高度遠隔運用を実現するリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」を開発