NTTアイティとフュートレック、音声認識事業で業務提携

NTTアイティ株式会社と株式会社フュートレックは、相互が保有する音声認識関連製品を組み合わせて、音声対話システムを活用した人工知能により高度化が進む、コンタクトセンタや会議支援、カーナビなどの産業分野におけるアジアパシフィック圏向けの多言語音声認識ソリューションの提供や新規市場への展開などに向けて、業務提携を進めることを合意した。

なお、多言語音声認識ソリューションには、グローバルコミュニケーション開発推進協議会(以下GCP)の成果を活用していくという。

 

業務提携の背景と目的

NTTアイティでは、NTT研究所で研究開発された音響処理、音声認識技術をベースにした音声認識ソリューション「SpeechRec」シリーズを、NTTグループ他コンタクトセンタ市場向けなどに販売してきた。

フュートレックでは、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)の技術をベースに開発した音声認識技術を株式会社NTTドコモ「しゃべってコンシェル」に提供するとともに、多言語音声認識ソリューションを自動車や業務ソリューション市場向けなどに販売してきた。

今後、NTTアイティとフュートレックは、両社が持つ技術やノウハウを相互に提供することで、新たな製品やサービスの開発と展開に取り組み、音声認識関連事業の拡大に取り組んでいく。

 

業務提携の内容等

近年、人工知能技術の発展とともに、国内外ベンダーが供給する音声認識技術も高度化し、音声認識応用市場が急速に拡大しつつある。このような状況において、話し言葉に対する高い認識精度を提供するNTTアイティと、日英及びアジア系言語を中心とした多言語音声認識ソリューションを提供するフュートレックの両社は、高い認識精度を持つNTTアイティの音声認識技術に、フュートレックが培ってきた音声認識のノウハウを融合するとともに、販売チャネルの統合や音声認識を活用した新規サービスでの開発連携によって開発投資を効率化することで、国内及び海外において音声認識事業の拡大を目指すこととした。

今後、同提携を通じて、音声対話システムを活用した人工知能により高度化が進む、コンタクトセンタや会議支援、カーナビなどの産業分野におけるアジアパシフィック圏向けの多言語音声認識の提供や新規市場への展開などを強化していく。

なお、音声認識技術の高度化やその他多言語対応等の今後の研究開発にあたり、引き続き、各社は、NTT研究所、NICT及びGCPと連携して進めていくという。

 

【関連リンク】
NTTアイティ(NTT IT)
フュートレック(FueTrek)
情報通信研究機構(NICT)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

分身ロボットOriHimeを開発するオリィ研究所、2億2,977万円を調達

ワイズキー、インサイドセキュアのIoT向け集積回路/半導体事業を買収へ

Next