いすゞ・トランストロン・富士通、商用車情報基盤「GATEX」を運用開始

いすゞ自動車株式会社、株式会社トランストロン(以下、TTI)、富士通株式会社は、商用車情報基盤「GATEX(ゲーテックス)」を、2022年10月4日より運用開始することを発表した。

同時に、いすゞのソリューションとして、高度純正整備「PREISM(プレイズム)」や、商用車テレマティクス「MIMAMORI(みまもり)」を、「GATEX」を利用して提供する。

「GATEX」は、いすゞ、TTI、富士通の3社が、商用車の運行管理や車両の稼働サポートサービス提供を目的として、2021年2月より構築を進めてきた商用車情報基盤だ。

「GATEX」により、いすゞの「PREISM」、「MIMAMORI」と、TTIのクラウド型運行支援サービス「ITP-WebService」は、富士通の提供する「FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud」上で相互連携することで、統一運用が可能になる。

いすゞ・トランストロン・富士通、商用車情報基盤「GATEX」を運用開始
「GATEX」の概念図

3社は、商用車の運行情報と車両コンディション情報を活用した運行管理や、稼働サポートサービスの提供に加え、荷主・運送事業者・倉庫事業者等の基幹システムをはじめとした、多様なデータ連携を行う。

また、今後はEMS(エネルギー・マネジメント・システム)だけでなく、様々なデータベースとしての活用も視野に入れていくとしている。

プレスリリース提供:富士通