NTT Comとドコモ、3台のバスを遠隔監視する自動運転の実証実験を愛知県常滑市の公道で実施

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、愛知県常滑市中部国際空港・常滑市りんくう町・常滑駅周辺の公道において、自動運転サービスの安全性や実用性を評価する実証実験を、2022年10月28日より実施することを発表した。

この実証実験では、愛知製鋼株式会社が提供する磁気マーカシステム「GMPS」を活用し、磁気マーカを活用した自動車専用道路における自動運転を行う。

一般道および自動車専用道路(中部国際空港連絡道路)の一部に敷設した磁気マーカによる自己位置推定を、人工衛星から発射される信号を用いて自己位置などの測位を行う技術「GNSS」と併用することで、悪天候時における自動運転の安定性を評価する。

NTT Comとドコモ、3台のバスを遠隔監視する自動運転の実証実験を愛知県常滑市の公道で実施

また、GNSSを活用した自己位置推定が困難な自動車専用道路の料金所にも磁気マーカを敷設し、走行の安定性を高める。

ルートは2つのルートで、自動運転バスを3台同時に運行し、走行ルート上や車両内に設置した複数のカメラ(路側・車載カメラ)を5Gなどに接続して映像伝送。複数車両の運行状況を遠隔管制室にて一元的に監視する。

路側カメラはスマートフォンを活用し、高精細な映像を低遅延で伝送。路側カメラから取得した映像に対してAI映像解析などの技術を活用し、遠隔の監視員がより早く危険を検知できるようにしている。車載カメラは、遠隔監視の複数の画像を統合し、車両周囲の死角が少なくなるような映像を伝送する。

NTT Comとドコモ、3台のバスを遠隔監視する自動運転の実証実験を愛知県常滑市の公道で実施
実証で活用される自動運転バス

1つ目のルートは、中部国際空港と常滑市りんくう地域を結ぶルートだ。空港利用者の乗車を想定したもので、利用者が自家用車を常滑市りんくう地域に駐車して空港行きのバスに乗る「パークアンドライドルート」における将来的な運行が想定されている。

これにより、両地区を結ぶ自動車専用道路を含むルートにおける、安全性確保の有効性検証と課題抽出を行う。

2つ目のルートは、りんくう地域や常滑駅周辺を周遊できるルートだ。観光客の乗車を想定したもので、りんくう地域や常滑駅周辺に点在する商業施設・集客スポットを周遊できる「市街地ルート」における将来的な運行が想定されている。

市街地ルートでは、将来的にイオンモール常滑をはじめとするりんくう地域、常滑駅周辺に点在する商業施設・集客スポットを周遊できるルートを想定して運行し、ルートの需要とともに市街地走行における安全性確保の有効性検証と課題抽出を行う。

また、機械学習により、携帯電話の位置情報から取得する、場所・曜日・時間帯ごとの人の移動に関するビッグデータを分析・活用することで、移動需要予測を実施する。

今回の実証では、パークアンドライドルートにおける実運用を想定し、混雑が予想される場合には定時運航便に加え、もう1台を配車することにより、利用者の利便性を高める。

今後NTT Comとドコモは、実証の結果を踏まえ、行政、交通事業者、自動運転技術提供者、利用者やサービス提供企業などの関係者とともに自動運転の社会実装を推進していくとしている。