アイロボット、独自OSを搭載した2in1掃除ロボット「ルンバ コンボ j7+」を発売

アイロボットジャパン合同会社は、掃除機&床拭きロボット「ルンバ コンボ j7+」を、2022年11月11日より、全国のアイロボット認定販売店およびアイロボット公式オンラインストアにて販売開始する。

また発売に伴い、ソフトウェアとアプリ機能を実装した「iRobot Genius」に新機能を追加し、「iRobot OS(アイロボット オーエス)」と名称を変更。iRobot Home アプリを利用するユーザに提供を開始する。

「ルンバ コンボ j7+」は掃除機と水拭き機能を搭載した2in1モデルだ。今回新たに搭載された機能は、ラグやじゅうたんを吸引する際に水拭き用のモップパッドを、ルンバの天面まで持ち上げて格納するパッドリフティングシステムだ。

アイロボット、独自OSを搭載した2in1掃除ロボット「ルンバ コンボ j7+」を発売
パッドリフティングシステムによりモップパッドを天面に上げている。

これにより、カーペットを濡らすことなく掃除機と水拭きの両方を行うことができる。

さらに、清掃中に見つけた障害物を今後どのように対処すべきか、アイロボットが管理するクラウド上にユーザが任意でフィードバックするユーザー参加型AIも搭載されている。

「ルンバ コンボ j7+」の主な特長

2in1モデル

水拭き機能

「エッジクリーニングブラシ」「2本のゴム製デュアルアクションブラシ」「パワーリフト吸引」の「3段階クリーニングシステム」に、「水拭き機能」が加わり、「4段階クリーニングシステム」へと進化。水拭きが可能な床面を自動検知し、ゴミを吸引しながらアームで圧をかけて水拭きする。

パッドリフティングシステム

ラグやじゅうたんを吸引する際は、カメラと3つのフロアセンサを使って床を認識し、モップパッドを完全に天面にリフトアップして変形する。

メンテナンス

アイロボット、独自OSを搭載した2in1掃除ロボット「ルンバ コンボ j7+」を発売
モップパッド交換イメージ
洗濯可能なモップパッドは、取り付け部が持ち上がり、ロボット本体を裏返さずに片手で交換が可能。ダスト容器と水拭き用のタンクは一体型となっている。

ユーザ参加型AI

ロボット前面に搭載されたカメラにより、目の前にあるコードやペットの排泄物などの障害物をリアルタイムに識別して回避するPrecisionVisonナビゲーションを搭載。

アイロボット、独自OSを搭載した2in1掃除ロボット「ルンバ コンボ j7+」を発売
障害物を検知している。

清掃中に障害物が見つかると、清掃終了後にiRobot Homeアプリにその画像が表示され、これらの障害物に今後どのように対処すべきかを、アイロボットが管理するクラウド上にユーザが任意でフィードバックするユーザ参加型AIだ。

アイロボット独自のiRobot OS

iRobot OSは、ライフスタイルや好みに合わせた清掃体験を提案するAIを形にしたもので、iRobot Homeアプリを通してロボットを使用するすべてのユーザに機能を提供する。

今回の「ルンバ コンボ j7+」の発売にともない、部屋やエリアごとに掃除機がけと水拭きの設定も細かくできるようになっている。

アイロボット、独自OSを搭載した2in1掃除ロボット「ルンバ コンボ j7+」を発売
清掃方法の設定を行うことができる。

iRobot OSの主な操作機能

  • 家具や障害物周りのピンポイント清掃/清掃禁止設定
  • 家を離れると自動で清掃開始
  • コードやペットの排泄物など障害物を認識して回避​
  • チャイルド&ペットロック
  • 掃除する部屋と、部屋ごとの清掃モードを自由に選択
  • 清掃履歴を報告するClean Mapレポート
  • 部屋間の移動時に清掃を止めるクワイエット走行 
  • スケジュール時間に自動で清掃開始
  • 花粉やペットの換毛期など季節の清掃提案 
  • 音声アシスタント対応(Googleアシスタント、Amazon Alexa、Siriショートカットに対応。)

(※モデルにより機能は異なる)

自動ゴミ収集機

掃除が完了すると、自動で本体のダスト容器のゴミをクリーンベース内のAllergenLock紙パックへ排出する。収納できるゴミは最大約1年分だ。