JUIDA・ゼンリン・ブルーイノベーション、ドローンサービスプラットフォーム「SoraPass」を開始

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下:JUIDA)と、株式会社ゼンリン、ブルーイノベーション株式会社は、ドローンサービスプラットフォーム「SoraPass(ソラパス)」を開始する。

まず、飛行計画から申請までの事前作業を省力化する地図サービス「SoraPassMAP」を2016年5月25日(水)に開始。なお、同プラットフォームではよりドローンを使いやすい環境・インフラを整備すべく、今後、関連する情報・サービスの拡充を予定しているという。

同サービスは、会員登録(無料)をすることで利用できる。(利用するサービスによって料金がかかる場合がある。)

 

ドローンは、著しい技術革新により企業の利用機会が拡大する一方、相次ぐ事故やトラブルの発生をきっかけに2015年12月に改正航空法が施行され、人口集中地区や空港周辺等での飛行が制限された。ドローンを利用するには、法規制による飛行許可申請が必要な空域等の把握、安全・安心な飛行技術・知識の習得や、安全体制作りなど、運用面での課題が顕在化している。

「SoraPass」は、ドローンを利用する事業者・個人向けに、これらの課題解決をサポートする情報、作業支援、サービスを一元的に提供するプラットフォームだ。

 

飛行計画から申請までの事前作業を省力化する地図サービス「SoraPassMAP」の概要(5月25日より開始)

無料機能

飛行禁止・危険区域等の地図閲覧・・・・人口集中地区(DID)、空港周辺等の法律で定められた飛行禁止区域に加え、発電所や自衛隊基地、石油コンビナート等の危険区域をゼンリンの地図上で把握可能。
操縦者情報管理・・・・操縦者の飛行知識・経験等の技能情報を入力・管理。
機体情報管理・・・・国土交通省等への飛行許可申請に必要なドローンの機体情報を入力・管理。
気象情報・・・・ドローンの安全飛行に重要な気象情報を提供するサービスと連携予定(提供予定:日本気象株式会社)

有料機能

飛行申請書作成サポート・・・・国土交通省等への飛行許可申請書類の作成ツール。(1回税別6,000円)
行政書士による飛行許可申請サポート・・・・行政書士に飛行許可申請の代行手続きを申し込む窓口。100名以上の行政書士が登録する「行政書士ネットワーク」と連携。

 

今後の展開

「SoraPass」は、ドローンユーザーにとって、よりドローンを安全・安心に利用できるためのサービスプラットフォームを目指すという。

今後は、様々なドローン関連企業と連携し、ドローンのライセンスが取得できるスクールの紹介や、ドローン専用の損害保険の紹介、ドローン試験飛行場・練習場の紹介、ドローン機体の製品紹介など、ドローンに関連する情報・サービスの拡充を予定。

 

【関連リンク】
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
ゼンリン(ZENRIN)
ブルーイノベーション(BLUE INNOVATION)
日本気象(Japan Meteorological)
SoraPass

Previous

エプソン、6軸センサーの慣性計測ユニット(IMU)「M-G364」「M-G354」で農業機械の自動運転や建設機械の制御に貢献

360Channel、オリジナルの360度動画を配信する新サービス「360Channel」の提供開始

Next