オムロン、ネットワークカメラセンサーで手軽に顧客分析

オムロン株式会社は、ネットワークカメラセンサー「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線 HVC-C2W(以下、HVC-C2W)」を店舗などに設置し、パソコンで手軽に顧客分析ができる専用アプリケーションソフトウェア「マーケティングアプリ for Windowsお試し版 (以下、マーケティングアプリ)」の無償ダウンロードサービスを2016年6月1日より開始する。

今回の無償ダウンロードは、「HVC-C2W」購入者に向けた期間限定の特典サービスだ。2016年7月には同ソフトウェアの有償版の発売が予定されており、お試し版をダウンロードした方は、無料で有償版にアップグレードできる。

 

「マーケティングアプリ」は、顧客の年齢や性別を日、月、天候などの単位に分けて分析できる「客層分析機能」や、撮影したエリアで顧客が滞留していた位置を視覚的に確認できる「ヒートマップ機能」を備えている。

有償版では、分析結果の視覚的な表示や、時系列で客層の変化を簡単に確認する機能などを充実させる予定。

ユーザーは「HVC-C2W」で検出した顧客の状態を「マーケティングアプリ」で分析することで、特定の客層に向けた商品を導入したり、新たな集客に向けた企画を立案したりすることが可能。

また、商品の最適な陳列方法を検討するなど、データに基づいた効率的な売り場づくりを実現できるという。

オムロン、ネットワークカメラセンサーで手軽に顧客分析

 

■無償ダウンロード期間
2016年6月1日から7月20日(予定)

■対応環境
Windows 7 32bit(推奨)

 

「ヒューマンビジョンコンポ HVC-C2W」について

「HVC-C2W」は、オムロン独自の顔画像センシング技術「OKAO(R) Vision」により、表情や性別、年齢、視線、ジェスチャーなど人の状態を認識し、その結果を無線でスマートフォンやタブレットに送信しアプリで簡単に操作できる、手のひらサイズのネットワークカメラセンサーだ。

2015年9月に、寝ている赤ちゃんや留守中のペットなどの状態や動きを検出し、必要なタイミングにスマートフォンやタブレットにプッシュ通知でお知らせするなど、家族を見守り、安心・安全な暮らしをサポートするセンサーとして発売。同年10月に開催されたアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展CEATEC JAPAN 2015では『CEATEC AWARD 2015』ライフスタイル・イノベーション部門 準グランプリと、『米国メディアパネル・イノベーションアワード』ヘルス&ハウスホールド部門賞を同時に受賞している。

「HVC-C2W」は、ビックカメラ、通販サイト(楽天、アマゾン、Chip-one-Stop)で購入可能。

 

【関連リンク】
オムロン(OMRON)

Previous

バディネットとトリノ・ガーデン、Wi-Fiセンサーで来店客の動向が把握できる、店舗向け行動解析サービス「Flow-Cockpit(TM)」を開発

パナソニック、スマートスイッチやスマートコンセントなどの遠隔制御に適した薄型リレーを製品化

Next