NTTドコモ、人工知能を活用した「おしゃべりロボット for Biz」を、2016年5月30日(月)より提供開始することを発表

NTTドコモは、ロボットや玩具に搭載し、人との自然な対話を実現することができる「自然対話プラットフォーム」に企業が独自のシナリオを追加カスタマイズすることが可能な「おしゃべりロボット for Biz」を2016年5月30日(月)より提供開始することを発表した。

「おしゃべりロボット for Biz」は、法人企業任意の自社の商品の説明や関わる話題のシナリオを、「自然対話プラットフォーム」に追加することで、ロボットや玩具が企業の商品の使い方やキャンペーンを案内することができる。
このサービスの用途は商品説明のほか、店頭での接客、受付業務のサポート等さまざまな活用が想定される。

まず第一弾として、ドコモとタカラトミーで共同開発した対話ロボット「OHaNAS(オハナス)」で利用でき、「OHaNAS」のように「自然対話プラットフォーム」に対応したロボットとスマートフォンがあれば、シナリオを登録する初期費用と、月額利用料のみで利用ができ、新たに設備投資をすることなく最短1週間で導入ができるという。

「自然対話プラットフォーム」は、一般コンシューマにこれまで14億回以上利用さてれている「しゃべってコンシェル」等に使われており、2015年10月にこの「自然対話プラットフォーム」に対応した「OHaNAS」が販売された。
この「OHaNAS」はユーザーとの対話での誤りを検出し、うまく回答できるようシナリオを8,000から20,000まで改良を加え拡大することで、会話の成立の割合は90%を超えているという。

今後、パートナーとともに「自然対話プラットフォーム」に対応するロボットや玩具を増やし、「おしゃべりロボット for Biz」を採用してもらうことで法人企業がロボットを導入しやすい環境を拡大していく予定とのことだ。

「おしゃべりロボット for Biz」の概要

「おしゃべりロボット for Biz」は、自然対話プラットフォームが搭載されているロボット等に、企業独自の対話のシナリオを追加することで、ロボットを受付業務や接客業務、商品説明、キャンペーン案内などに活用範囲を広げることができる。

nttdocomo-おしゃべりロボット-for-Bizドコモの自然対話エンジンを搭載したロボット
提供イメージ

<シナリオイメージ>
・挨拶をカスタマイズ
「いらっしゃいませ、○○コーナーへようこそナス!」
「今日は暑いから○○がおすすめナス」
・対話の中で出てきたキーワードに対するサイトを表示
「○○の情報をタブレットに表示したナス」
・商品にまつわる豆知識やキャンペーン情報などを積極的に発信
「○○って実は~ナス」(豆知識)
「今、○○のキャンペーンしているんだけど興味あるナス?」

■提供開始日:2016年5月30日(月曜)

■利用条件/利用料金
・初期登録料:500,000円※1
-アプリカスタマイズ料(企業ごとに必要なアプリ画面のカスタマイズ、接続先の初期設定作業)
-シナリオカスタマイズ料(50シナリオまで)※2

・月額利用料:35,000円/1台(ロボット・玩具1台あたり)※1
-ASPシステム利用料
-シナリオ運用料(毎月5シナリオまで追加、変更、削除が可能)※2

本サービスの利用には、自然対話プラットフォームに対応したロボットまたは玩具が必要となる。そのほか、対話する際はスマートフォンを介して対話するため企業はスマートフォンの準備が必要となる。

なお、サービスの受付は、ドコモの法人営業担当かドコモビジネスオンラインから行える。

※金額は税抜
※1シナリオは、会話のやりとり2往復まで。

【関連リンク】
ドコモビジネスオンライン「おしゃべりロボット for Biz」
ドコモビジネスオンライン「自然対話プラットフォーム」
NTTドコモ
タカラトミー 「OHaNAS」

Previous

パナソニック、スマートスイッチやスマートコンセントなどの遠隔制御に適した薄型リレーを製品化

ニアーウフル 位置情報データをベースにしたIoTマーケティング事業戦略を発表

Next