総務省、電波法関係審査基準の一部を改正する訓令案に係る意見を募集

総務省は、ロボットにおける電波利用の高度化に向け、無線局免許の審査基準に係る制度整備を図るため、電波法関係審査基準の一部を改正する訓令案を作成した。

そこで、改正案について、平成28年5月31日(火)から同年6月29日(水)までの間、意見募集するという。

 

総務省では、ロボットにおける電波利用の高度化に係る技術的条件について、平成28年3月22日に情報通信審議会から一部答申を受けた。

これを踏まえ、今般、無人移動体画像伝送システム(ロボット用画像伝送システム)の導入に当たり、当該システムの電波法令に基づく許認可等に係る審査基準を整備するため、電波法関係審査基準の一部改正案を作成したため、当該改正案に対して意見を募集した。

今後は、寄せられた意見を踏まえ、速やかに改正を行う予定だという。

 

意見公募要領

意見募集対象

電波法関係審査基準の一部を改正する訓令案(別添:新旧対照表

意見募集期限

平成28年6月29日(水)(必着)(郵送については、締切日の消印まで有効。)

詳細については、別紙の意見公募要領を参照。

 

【関連リンク】
総務省

Previous

パスコと西尾レントオール、土木工事現場の生産性向上に向けたドローンの活用サービスを開始

Qrio、大切なモノがすぐに見つかるスマートタグ「Qrio Smart Tag」を発表

Next