日本ラッド、IoTプラットフォームとアルコールチェッカーを活用した運輸業界向けIT点呼システムを開発、提供開始

日本ラッド株式会社は、同社のIoT新戦略である「ラッド流IoTインテグレーション」のプロダクトサイド製品化第一弾として、IoTプラットフォームとアルコールチェッカーを活用した運輸業界向けクラウド業務ソリューション「Smart Vehicle Cloud~IT点呼~」の受付を6月7日より開始した。

 

昨今安全面に対する注目度がますます上がってきている運輸業界において、運輸事業者様は運行前点呼を法的に義務つけられており、各拠点には据え置き型のアルコールチェッカーを設置し、その記録や健康に関するヒアリング情報を帳票として残している。しかし、長距離輸送等で拠点外から業務を開始する際、運行前点呼は電話ヒアリング等で済まされていることが多く、その実効性が問われてきた。

日本ラッドは、この状況にIoTインテグレーション・クラウド化ニーズがあると考え、日本ラッドの展開するクラウドサービスに2045TECH社(伊)のアルコールチェッカーFLOOME(フルーミィ)を組み合わせたクラウド型IT点呼システムを開発、提供開始する。今回提供されるシステムは遠隔地でのアルコールチェックや健康状態の確認、ヒアリングをスマホアプリを使用して実施するだけでなく、免許証スキャン機能や映像による確認機能の実装により、拠点で実施されるレベルの運行前点呼を実現し、大きく実効性・安全性強化に貢献するサービスが実現された。

また、今後規制緩和されるクラウド上でのデータ管理にも対応しており、事業者にとって大きな負担となるシステム開発コストをかけることなく、低コストで効率的な点呼情報マネージメント環境を提供。

日本ラッドは同システムの提供にあたり、クラウドシステムだけでなく、アルコールチェッカーの保守プログラムや現地デリバリサービス等あわせてご提供し、事業者様側でのスムーズなソリューション導入を支援する。

 

FLOOME(フルーミィ) アルコールチェッカー

・単独で高い評価を得ているイタリア製アルコールチェッカー
・低価格でモバイル対応可能
・Androidで動作
・電池持ちが良く、長期間利用可能(3000回測定可能)
・メンテナス性が高い独自フィルタを使用し約500回までメンテ不要(部品交換の必要がない)

 

「Smart Vehicle Cloud~IT点呼~」

参考価格(税別)

・初期費用1拠点10万円(アルコールチェッカーは別途購入、1台20,000円程度)
・月額費用:基本料金月5000円(1拠点辺り)+台数~(台数により従量課金制となります)
※価格は参考価格であり変動する可能性がある。

開始予定日

・受付開始平成28年6月
・サービス開始平成28年8月

 

【関連リンク】
日本ラッド(Nippon RAD)
2045 Tech
FLOOME(フルーミィ)

Previous

ドコモ・システムズ、物流企業向けクラウド型輸配送進捗管理サービスを提供開始

総務省、「電波政策2020懇談会 報告書(案)」に対する意見を募集

Next