タカラッシュ、スマートアイウェアを使った仮想現実とアナログのリアル感の融合による新たなリアル宝探しプロジェクトを始動

体験型イベントのリアル宝探しを展開する株式会社タカラッシュは、ゲームソフト、WEB開発等を幅広く手がけている、株式会社ジーンと共同企画で、株式会社テレパシージャパンが開発したアイウェア型ウェアラブルデバイス「Telepathy Walker」を使った新たなリアル宝探しプログラムを、謎とき体験施設「なぞとも Cafe 新宿店」にて6月30日(木)よりスタートする。

 

近年のタカラッシュ!が手がけるリアル宝探しイベントは紙の宝の地図と、造作物としての宝箱の製作など、アナログでの領域で人々が楽しめるコンテンツを開発していたが、技術の進歩により、もっともっと人々が興奮する宝探しの体験を提供できる環境が整ってきており、今回は、アイウェア型ウェアラブルデバイスを駆使することで、「捜索中に手に入れたアイテムでどこかの壁が光りだしたり」「捜索中にエージェントから追加指令が飛んできたり」など、映画やロールプレイングゲームの世界で見てきた「体験してみたい!」「わくわくする」驚き体験の再現することが可能になった。

プロジェクト第一弾では、実証実験として「なぞとも Cafe 新宿店」にて展開中のプログラム「タカラッシュ!調査団と魔女の館の不思議な絵画」をリニューアルし、新しい映像と謎解きが楽しめる新感覚のプログラムを展開するという。

 

概要

タイトル :タカラッシュ!調査団と魔女の館の魔法石
開催期間 :2016年6月30日(木)~半年間予定
開催場所 :なぞともCafe新宿店
参加費  :1,080円/一人(4人定員)
実施概要 :
現在、なぞとも Cafe 新宿店で開催中の同社コンテンツ「タカラッシュ!調査団と魔女の館の不思議な絵画」をリニューアルし、ウェアラブル端末を駆使した新感覚のプログラムを展開。同プログラムは室内に置かれた謎の物体をウェアラブル端末によって解析し、その情報を駆使して謎を解いていく。解析情報はプレーヤーが物体をメガネに近づけると自動的に取得され、手に取った本人だけが確認することができるため、まるで近未来のSFのような体験を楽しむことができる。

タカラッシュ、スマートアイウェアを使った仮想現実とアナログのリアル感の融合による新たなリアル宝探しプロジェクトを始動

 

【関連リンク】
タカラッシュ(TAKARUSH)
ジーン(xeen)
テレパシージャパン(Telepathy Japan)
Telepathy Walker

Previous

エンルートとJapan Drones、産業用ドローン向けソリューションを共同開発

内閣府革新的研究開発推進プログラムにて、人工知能を活用し視覚の訓練に伴う脳の変化について新たな発見に成功。~効率的な視覚訓練法の開発への応用が可能に。

Next