クオリカ、保守・保全業務につながるIoTソリューション「CareQube+」をリリース

ITホールディングスグループのクオリカ株式会社は、産業機械の遠隔監視・予防保全システム「CareQube」をリニューアルした「CareQube+」(ケアキューブ・プラス)を2016年6月14日より販売開始した。

クオリカでは2011年より遠隔監視・予防保全システム「CareQube」を提供している。情報収集端末(IoT端末)を産業機械に装着することで機械毎の稼働データを収集し、携帯通信網で専用サーバへ自動転送を行い、遠隔にて稼働状況を監視することにより、産業機械の「見える化」を実現してきた。

「CareQube+」では、“製造現場密着型IoTソリューション”をコンセプトに、株式会社NTTデータイントラマート(以下、イントラマート)が新たに開発したIoT基盤を採用。これにより、保守・保全業務に必要となる業務モジュールをお客様の業務に合わせて付加していくことができるため、機械の様々な稼働データを基点としたアフターサービス・プラットフォームとして使うことが可能だという。

様々な領域や業務でのIoTの活用が提唱されているなか、製造業の保守・保全業務に特化したシステム「CareQube+」は、コストセンターへ分類されがちな当該業務において、稼働データを実業務へつなげることで業務の効率化や収益化を促し、他社との差別化を創出することを提案する。

 

「CareQube+」の特長

  • 情報収集端末、携帯通信網、サーバ、アプリケーションの全てをパッケージ化
  • ワークフローや文書管理などの保守・保全業務で活用できる業務モジュールを搭載
  • 利用者毎に見たい情報をまとめて表示できるダッシュボード機能など様々な機能を搭載
  • 外部センサーデータの収集だけでなく、CANやPLCからの機器内部の情報も収集可能

 

「CareQube+」の機能一覧

※オプション機能を含む

クオリカ、保守・保全業務につながるIoTソリューション「CareQube+」をリリースクオリカ、保守・保全業務につながるIoTソリューション「CareQube+」をリリース

 

システム全体図

クオリカ、保守・保全業務につながるIoTソリューション「CareQube+」をリリース
 

【関連リンク】
ITホールディングス(IT-HD)
クオリカ(QUALICA)
イントラマート(INTRAMART)
CareQube+(ケアキューブ・プラス)

Previous

総務省、IoTサービス創出支援事業に係る委託先候補の決定

PSソリューションズ、SMUと産学連携でIoTビジネスを創出する取り組み

Next