ガリバーとRappa、人工知能KIBITを活用した自動接客支援で協業

株式会社ガリバーインターナショナル(以下、ガリバー)と株式会社UBIC子会社で人工知能によるデジタルマーケティング事業を展開するRappa(ラッパ)株式会社は、UBICが独自開発した人工知能KIBIT(キビット)※を、ガリバーのオンライン型接客サービス「クルマコネクト」に活用し、顧客のクルマ選びにおいて自動接客支援を行うための共同開発を開始した。

 

ガリバーの「クルマコネクト」は、ガリバーの最大の強みである「リアルの営業現場」と「デジタルマーケティング」の融合をはかるため、2016年1月より提供が開始されている新しいO2Oによるオンライン接客型サービスだ。豊富な車両情報や写真を見ながら、チャットでアドバイザーに相談でき、在庫の中から希望にぴったりのクルマを提案、購入意思がある顧客には近くのガリバーの店舗を案内し、クルマの購入につなげることができるサービスである。

両社が開発を進める自動接客支援は、チャット機能の一部を「人の好みを学ぶ」人工知能KIBITが担うことにより、顧客に質の高いレコメンド(おすすめ)を自動で提供することを目指している。KIBITは「クルマコネクト」において、初期対応を担当し、チャットを通じた接客を行いながら、顧客の好みや関心を尋ね、ガリバーが持つ約2,200種類のクルマのレビューを元に「デザイン」や「燃費」「使い勝手」「パワー」などお客様の意向や嗜好を学習し、その選択理由も含めた納得感のあるレコメンドを実現する。人工知能による自動応答を行うことにより、これまで人が行ってきたチャットでのやりとりで待たせることなく、かつ気軽に車種選びを行うことができる。

両社では、2016年3月より本件を進めるためのPoC(概念実証)を行ってきた。KIBITがクルマのレビューから顧客の嗜好に関連する部分を抽出し、その嗜好にあったレコメンドが得られる有用性が確認できたため、より幅広い車種の大規模なデータを用いた開発やインターフェイスのデザインなどに取り組んでいく。「クルマコネクト」での自動接客支援サービスの提供は2016年9月を目指している。

今後さらに、KIBITを用いた自動の対話応答システムの共同研究など、クルマ選びがより楽しく、お客様にピッタリなレコメンドができるサービスの開発に取り組んでいくという。

 
■「クルマコネクト」におけるレコメンド例
ガリバーとRappa、人工知能KIBITを活用した自動接客支援で協業

 

※KIBITについて
人工知能「KIBIT」は人工知能関連技術のLandscapingと行動情報科学を組み合わせ、UBICが独自開発した日本発の人工知能エンジンで、人間の心の「機微」(KIBI)と、情報量の単位である「ビット」(BIT)を組み合わせ、「人間の機微を理解する人工知能」を意味している。

 

【関連リンク】
ガリバー(Gulliver)
ユービック(UBIC)
ラッパ(Rappa)
クルマコネクト

Previous

ショーケース・ティービー、AR/VRエンジン提供企業Kudan Limitedと業務提携し、商品の共同開発を実施

金沢工業大学「demura.netチーム」、人工知能を使った生活支援ロボットの世界大会に出場

Next