PTC、新たなコネクティッド・サービス・ソリューションを発表

PTCジャパン株式会社は、米PTCがLiveWorx 2016® においてスマート・コネクティッド・サービス・ソリューションの新製品である「PTC Remote Service」および「PTC Connected Service Parts Management」を発表したことを明らかにした。

両ソリューションともにIoTプラットフォームであるThingWorx®を活用したもので、コネクティッド・プロダクトに対して企業が提供するサービスの変革を支援する。

「PTC Remote Service」と「PTC Connected Service Parts Management」は、スマート・コネクティッド・サービス戦略を推進する組織にとってロードマップとなるPTCの「Service Journey」の重要な要素だ。この2つのソリューションは、顧客や同社にかつてないレベルの価値をもたらす新たなサービスモデルの構築を支援する。

「Service Journey」は以下の3つの段階により構成されている。

  • Understand(現状把握)– サービスの提供形態、製品の稼働データをリアルタイムで分析し、より優れた意思決定を実現
  • Advance(差別化)– 製品のサービス提供形態を改善・加速し、他社との差別化を図る
  • Outperform(新しい価値の提供)– 新たなサービスとビジネスモデルにより新たな価値を顧客やサービス部門に提供

 

PTC Remote Service

「PTC Remote Service」は、接続された設備の主要な稼働指標をサービスやサポートの技術者が継続的に監視し、問題を遠隔地から診断し解決できるよう支援する。PTC Remote Serviceは設備の計画外停止や予定外の保守作業を回避し、保守費用の低減や顧客サービスの向上を実現する。

 

PTC Connected Service Parts Management

「PTC Connected Service Parts Management」は、接続されたアセットからのデータをサービス部門が直接活用し、サービスパーツの需要予測・計画の精度を高める。「PTC Connected Service Parts Management」は、ThingWorx IoTプラットフォームの機能を活用することにより、アセットの場所や稼働情報を取得し、そのデータをPTCのService Parts Managementソリューションに転送。現場で運用されている設備からデータを直接収集・変換し、体系化することでサービスレベルや設備の可用性向上に寄与する。

PTCのスマート・コネクティッド・サービス・ソリューションはサービス売上拡大や収益性、競争優位性、製品信頼性の向上に貢献する。

 

【関連リンク】
パラメトリックテクノロジー(PTC / Parametric Technology Corporation)
PTC Remote Service
PTC Connected Service Parts Management

Previous

NEC、銀行融資・渉外担当者向けに顔認識技術を使ったタブレット端末用セキュリティソフトを提供

OFF Line、長距離型ビーコン端末を開発、独自検知アプリをドローンに搭載し、上空150mからのみまもりサービス実証実験に成功

Next