ブイキューブとインテリシス、インドのスマートシティ実現に向け、コルカタ都市圏のBMCと共同プロジェクト実施で合意

株式会社ブイキューブは、インドのWeb会議サービス事業者INTELLISYS Technologies & Research Pvt. Ltd.(以下、INTELLISYS (インテリシス)」)と共同で、インド政府が推進しているスマートシティミッションに協力する。

選定都市の1つで、西ベンガル州コルカタ市を含むコルカタ都市圏の衛星都市であるBidhannagar Municipal Corporation(以下「BMC」)と、同市政府が目指すスマートシティの実現に向けて、ビジュアルコミュニケーション分野で協力していくことで、2016年6月20日(月)、合意した。両社は、BMCが構想している、市内41区域をまたいだビジュアルコミュニケーションサービスを市民に提供するための環境の実現に向け、各種V-CUBEグループサービスを提供していく。

インドでは、政府がDigital India構想を打ち出し、社会インフラのIT化を強力に推し進めている。スマートシティミッションは、モディ首相の重要施策の1つとして位置付けられており、経済発展とともに予想されている都市部の人口拡大に備えて、エネルギーや水問題を解決し、効率的な移動を実現する公共交通機関や廃棄物処理など衛生設備が整備された、環境に配慮したスマートシティを5年間で100都市整備する計画だという。選定都市が達成する要素は、基本項目として10項目が設定されており、高度なICTソリューションの活用も含まれている。

BMCは、スマートシティミッションとして、「インテリジェントガバメントサービス」「教育」「ヘルスケア」「セーフ&セキュリティ」を重点分野に掲げている。「インテリジェンスガバメントサービス」では、市政府の提供する全てのサービスにITを導入し、データベース統合、情報にアクセスしやすいダッシュボードの整備、市民とのチャネルをオンライン化することにより、行政サービスの向上を目指していく。

 

ブイキューブとインテリシスは、2016年3月、インド国内を中心としたアジア地域でのビジュアルコミュニケーション事業の展開を推進していくため提携している。両社は、BMCが構想している、市内41区域をまたいだビジュアルコミュニケーションサービスを市民に提供するための環境の実現に向け、各種V-CUBEグループサービスを提供していく。

また、Digital India構想で要求されているビジュアルコミュニケーション分野においても、その実現に向けて共同で取り組んでいくという。

 

【関連リンク】
ブイキューブ(V-cube)
インテリシス(INTELLISYS)
BMC(Bidhannagar Municipal Corporation)

Previous

総務省、AIネットワーク化検討会議 報告書2016の公表

東大と日立、超スマート社会の実現に向け、ビジョンを生み出し実現する「日立東大ラボ」を設置

Next