ボッシュ・センサーテック、コンパクト9 軸モーションセンサー「BMX160」を発表

【概要】
■超低消費電力によりバッテリー駆動デバイスの使用可能時間を延長
■スマートウォッチのジェスチャー認知、歩数計、方位計、傾斜方向検知が可能
■BMI160とピン互換、レジスタ互換によりデザインアップグレードが容易に

 

Bosch Sensortecは、コンパクト9軸モーションセンサー、BMX160を発表した。

このモーションセンサーは、スマートフォン、スマートウォッチ、フィットネストラッカー、リングやネックレス等のスマートジュエリー、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)デバイス等、幅広いアプリケーションの要求に適合させることができる。

ウェアラブルデバイスは、スペースおよび消費電力にスマートフォンよりもさらに厳しい制約がある。これらの制約に対応する理想的なソリューションとなるのが、高い電力効率を有する超小型9軸センサー、BMX160だ。この新しいセンサーは、コンパクトな2.5×3.0x0.95 mmのパッケージに組み込まれており、業界最小の9軸モーションセンサーである。

Bosch Sensortec の最先端の加速度センサー、角速度センサー、地磁気センサー技術を駆使することで、日々、その厳しさを増すウェアラブルデバイスの要求に対応することができるBMX160を完成させることができた。Boschの低消費電力技術により、1.5ミリアンペア(mA)以下に消費電力を低減した高性能9軸センサーの市場導入が実現した。このセンサーは、スマートグラス等、極めて厳しい制約があるアプリケーションに最適だという。

「Bosch Sensortec の最先端のセンサー技術を、コンパクトなパッケージへ組み込みこんだ BMX160 は、高性能で超小型な低消費電力機器に新たな可能性を打ち出しました。BMX160により、スマートフォンにおけるセンサーのスペースの問題に対応することが可能になる上、PCB(プリント基板)スペース、電力効率がさらにシビアなウェアラブルデバイスにも、十分に対応することができます。」と、 Bosch SensortecマーケティングVPのJeanne Forget氏は、コメントしている。

 

ウェアラブル デバイス アプリケーションへ対応

BMX160センサーは、デバイスの傾き、方位、重力ベクトル等のセンサーデータを必要とするAndroid ウェアブル・アプリケーションの実現を可能にする。さらに、センサーは、3Dインドアマッピングや、スマートフォン用に最適化されたVRアプリケーション(例:Cardboard VR)にも、対応している。このセンサーは、Bosch Sensortec製 BSXセンサーデータフュージョンソフトウェアと用いて、更なるパフォーマンスの最適化を可能にする。

シングル パッケージ BMX160は、現在主流となっている3軸地磁気センサーと6軸IMUで構成されるデュアル コンポーネントから取って代わるものだ。この革新的な9軸モーションセンサーは、低消費電力を実現しつつ必要なスペースを確保することができる。Bosch Sensortecの6軸IMU BMI160とピン互換およびレジスタ互換性により、デザインアップグレードのタスクを、より簡単に実施することができる。

 

パワーマネージメント ユニットを内蔵

BMX160には、パワーマネージメント ユニットとバックグラウンドで 動作させるアプリケーション機能が内蔵されている。これにより、例えば歩数計測中、電力消費の高いアプリケーションプロセッサーを、より長い時間スリープモードにしておくことが可能になり、バッテリー充電のインターバルを、さらに延長することができる。内蔵型ステッ プカウンター機能およびAndroidと互換性を有するモーショントリガー センサーの電力消費量は、各機能、僅か30マイクロアンペア(µA)だ。

BMX160の最先端の加速度センサー、角速度センサー、地磁気センサー技術は、低オフセット、低ノイズ、優れた温度安定性を可能にする。また、Bosch Sensortec 角速度テクノロジーは極限まで低いドリフトを実現させることにより、リアルタイムの応答スピードを要求されるARおよびVRアプリケーションに最適なソリューションを提案する。

 

【関連リンク】
ボッシュ(Bosch)
ボッシュ・センサーテック(Bosch Sensortec)

Previous

エスキュービズム・テクノロジー、次世代の笑いのカタチを開発、お笑い×IoTハッカソン実施

ボッシュ、電気自動車をインテリジェントに充電。アプリで充電スポット探し、決済も簡単に。

Next