エスキュービズム・テクノロジー、次世代の笑いのカタチを開発、お笑い×IoTハッカソン実施

IoTソリューションを提供する株式会社エスキュービズム・テクノロジー(以下、Sテック)と家電の製造・販売を行う株式会社エスキュービズム通商(以下、通商)は、PLANISTAと共同で、8月6日(土)~7日(日)に渡り、IoTハッカソンを実施する。

対象は、大学生・大学院生、企業のIoT関係者・若手エンジニア。

「お笑い×IoT」というテーマで、2日間かけて独創的なIoT作品の開発に挑む。バズワードでありながら実際の取り組みが進んでいないIoTについて(※1)、身近な「お笑い」をテーマに、より理解と興味を深めてもらうことを狙いとしている。

審査員はIoT NEWSの小泉耕二、Sテック代表取締役の武下真典氏、通商代表取締役の真田幹己氏。

優秀なIoT作品については、その後のブラッシュアップを経て、10月18日に開催される「エスキュービズムIoTカンファレンス」(※2)にて発表され、登壇者の吉本芸人(※3)により総評を行う。

参加学生だけでなくIoTの事業化に一歩踏み出せていない企業関係者(エンジニア等)にとってIoT製品作りのヒントとなることを目指すという。

 

開催概要

・開催日:2016年8月6日(土)〜7日(日)
・場所:株式会社エスキュービズム・ホールディングス本社
・定員:50名程度
・参加対象者:プログラミングスキルを有する、大学生/大学院生/企業関係者
・参加費:無料
・参加者募集ページはこちら
・賞金/賞品:
①優勝チームへの賞金 10万円
②エスキュービズムIoTカンファレンスへの出展
③IoT NEWSへの掲載

 

※1:ガートナー・ジャパンによると「IoTの専門部署やグループができた」と答えた企業はわずか8.5%に留まっている。

※2:株式会社エスキュービズム・テクノロジー主催、東洋経済後援によって実施されるカンファレンス。「2年後の未来を今、体感せよ」をテーマに、受付ロボットやトイレIoTなど実際にIoTを体感出来る仕掛けの他、堀江貴文氏、IoT NEWS小泉、吉本芸人など豪華な登壇者を交えながらIoTの未来について理解を深めることを目的としている。

※3:吉本興業株式会社に所属するタレント。板尾創路氏、レイザーラモンRG氏、トレンディエンジェルの3組の登壇を予定(2016年6月現在)。

 

【ハッカソン(hackathon)とは】
広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語で、もともとはプログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間を徹してプログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベントのことをいう。企業や各種団体によって開催されることが多く、近年はIT業界以外の分野にも拡大している。
(出典:Weblio辞書

 

【関連リンク】
お笑い×IoTハッカソン
エスキュービズム・テクノロジー(S-cubism Technology)
ガートナー(Gartner)
Usable IoT

Previous

神奈川県川崎市、「川崎市スマートシティ推進支援業務委託」事業者の公募型プロポーザル実施

ボッシュ・センサーテック、コンパクト9 軸モーションセンサー「BMX160」を発表

Next