ベジタリア、農業IoT事業の拡大に向け、NTTドコモとの資本業務提携を締結

ベジタリア株式会社と株式会社NTTドコモは、両者の事業拡大のため資本業務提携を締結し、併せてドコモに対して本日付で第三者割当による新株式の発行を行ったと発表した。

ベジタリアとドコモは、2015年5月より農業国家戦略特区(革新的農業実践特区)である新潟市において、稲作農業生産者に水田センサおよび同センサと連動したクラウド型水田管理システムの実証、および全国36道府県の農業普及組織と連携した実証を通じて商用化に向けた検証を行い、2016年4月に水田センサ「PaddyWatch(パディウォッチ)」の全国サービス提供を開始するなど、農業分野におけるさまざまな取り組みを行ってきた。

同資本業務提携を通じて、ベジタリアが保有する農業IoT・AI・ビッグデータ活用の分野および植物科学・植物医科学の分野に関する先駆者としての実績・知見・人的ネットワークと、ドコモが保有するモバイル通信・端末における事業展開の経験・ノウハウおよびIoTに関連する最先端の通信技術ならびに各種製品・サービスの販売ネットワークを相互に活用することにより、今後両者の企業価値の最大化を図っていく。

また、露地・ハウス栽培および果樹栽培向けに提供する「FieldServer(フィールドサーバ)」などの農業IoT事業も拡大していく。さらに、IoTセンサなどから取得した各種ビッグデータや人工知能技術を活用することで、病害虫予察、高温登熟予察、凍霜害予察のほか、最適な収穫時期、収穫物の品質や量などの予測サービスの提供により、日々の農作業の軽減と、安定した収穫を可能とする農業をめざして取り組んでいく。

 

【関連リンク】
ベジタリア(vegetalia)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

フレームワークス、GROUNDと資本業務提携、次世代物流オペレーションを目指す

イッツコム、CNCiグループとIoTサービス「インテリジェント ホーム」の販売において基本合意

Next