日本のロボットPepperとアメリカのロボットNAVii™(ナビー)、協力してパルコで接客を実現

パルコグループでショッピングセンター・小売業向けにIT・Webコンサルティング事業を展開する株式会社パルコ・シティとイサナドットネット株式会社は、7月1日にグランドオープンした仙台パルコ2において、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」と日本ユニシスが取り扱うFellow Robotsの完全自律型ロボット「NAVii™(ナビー)」が協力しショッピングセンターの接客業務サポートを開始するにあたり、ナビーとの連携を含む同Pepperのアプリケーションを共同開発した。

 

実施概要

導入場所: 仙台パルコ2
実施期間: 2016 年 7 月 1 日( 金 )~ 31 日( 日 ) ※ロボットの稼働は水曜日を除く全日
実施内容: Pepperとナビーが連携し、以下の接客を実現。
なお、同Pepperに導入されているPepper向けアプリは「SCコンシェルジュ®ロボ」。

①Pepperとナビーが多言語で探しているショップをヒアリング&案内
Pepperとナビーが多言語で顧客の探しているショップや館内施設をヒアリングし、会話とタブレットを使って案内。
(※Pepper:日本語・英語・中国語に対応。ナビー:日本語・英語に対応。)

②ロボット同士が会話
Pepperとナビーが仙台にゆかりのある人物や名産品・観光スポットなどをテーマにユニークな掛け合いを行う。

③ナビーが目的のショップまで誘導
Pepperのモニター画面で、顧客の目的のショップ画面上部にあるナビーボタンを押すと、ナビーが同ショップまで顧客と一緒に走行して案内する。

 

【関連リンク】
パルコ(PARCO)
パルコ・シティ(PARCO-CITY)
イサナドットネット(isana.net)
ソフトバンクロボティクス(SoftBank Robotics)
日本ユニシス(Nihon Unisys)
Fellow Robots
SCコンシェルジュ ロボ(SC CONCIERGE ROBO)

Previous

東京都、商用車の走行データを活用し、交通渋滞をビッグデータ分析

ソニー、電子マネー機能など厳選された機能をバンド部に搭載した腕時計「wena wrist」の正式販売を開始

Next