JTB、EVスマートモビリティ・プロジェクトのパートナー企業を募集

中小企業庁が運営する、中小企業、小規模事業者の未来をサポートする「ミラサポ」の「GOOD BUSINESS NIPPON」プロジェクト説明会が、7月6日東京で開催された。

「GOOD BUSINESS NIPPON」とは、大企業と中小企業・小規模事業者が”パートナー”として連携し、地域や社会にとって新しい”価値”を生み出すプロジェクトだ。

今回12社の大企業が協力会社を募集し、株式会社JTBコーポレートセールスはIoT分野のプロジェクトを発表した。

株式会社JTBコーポレートセールス 霞が関第一事業部 企画課が募集したプロジェクトは「EVスマートモビリティ・プロジェクト」。JTBグループではEV(電動車両)を活用したニッポン全国スマート化を全国で推進している。

JTBは、「地域のルートやアクティビティ、受入サービスの構築やサービス自体の運営に関しては、地域のパートナーの存在なくしては成立しない」とし、ロングトレイル運用会社、カーシェア事業者、ガソリンスタンド、アプリケーション製作ベンチャー企業、不動産・住宅建築会社、などのパートナー企業にエントリーを期待している。

 

さらに、日本ユニシス株式会社もIoTパートナーを募集した。

ユニシスの公共第二事業部 戦略ロジスティックス部が募集したプロジェクトは、「IoT時代の新しい防災・監視サービス開発プロジェクト」。ユニシスはセンシング技術、無線通信技術、クラウド技術を組み合わせ、さまざまな対象への監視サービスを開発している。

ユニシスは「特長あるセンシング技術や無線通信技術をお持ちで、その技術を活かし日本ユニシスとのクラウド型防災・監視システム事業を共同開発し、各地域におけるセールスプロジェクトを進めていける事業者様にエントリーしていただきたい」とコメントしている。

東京以外では、下記日程でも開催される。
・札幌 2015年7月14日(火) 13時30分~17時00分(予定)電通北海道 9階ホール
・大阪 2015年7月16日(木) 13時30分~17時00分(予定)大阪産業創造館 4階イベントホール
・福岡 2015年7月21日(火) 13時30分~17時00分(予定)共創館カンファレンス C会議室

【関連リンク】
中小企業庁 ミラサポ GOOD BUSINESS NIPPON

Previous

パナソニックのIoT、未来のくらしが発見できる「Wonder Life-BOX」を新たに開設

IoTを知ろう!スマートホームのユーザ体験

Next