フォトシンス、いつものSuicaが鍵になる、NFC対応の後付け型スマートロックロボット「Akerun Pro」発売開始

IoT企業の株式会社フォトシンスは、2016年7月7日(木)に新製品のスマートロックロボット「Akerun Pro」を発表し、2016年7月23日(土)より順次発送を開始する。

2015年3月の発表以来、IoTプロダクトの代表として親しまれてきたスマートロック「Akerun」が、急激に増えているオフィス・事業所での利用ニーズに応えるため、多人数が出入りするオフィスでも手間取らずに使用でき、より正確なセキュリティ管理を可能にするプロダクトの開発に取り組んだ。「Akerun Pro」はNFC対応など、機能の改良に留まらず、IoTプロダクトとして、オフィスをより効率化して創造性を豊かにすることを目指している。

また、本体導入価格が無料の月額制レンタルプランでの提供により、万が一の時の交換対応など、利用者へのサポート体制を整えたという。

 

電池持ち、速度、セキュリティ機能の改善など、オフィスに求められる機能を追求

個人宅と異なり、多人数が出入りするオフィスでは、1日の開閉回数が多いため、これまでのスマートロックよりも高い基本機能が求められる。「Akerun Pro」は従来製品と比較して電池容量を2倍に増やし、さらにACアダプタによる外部給電、停電時のバッテリー駆動にも対応し、電池切れの心配をなくした。

また、NFC対応※により、カードをかざした開閉をおこなうことで、正確な開閉履歴の取得も可能になる。取得したデータはWeb上の管理画面「Akerun Manager」より一括管理することができる。

※スマートロック「Akerun」と同様に、スマートフォンアプリやブラウザ上での遠隔開錠も利用できる。

 

API連携により、話したり電気を消してくれたり、スマートオフィスのコンシェルジュに進化

「Akerun Pro」は、インターネットにつながることで、入退室をきっかけとしてさまざまな機能を追加することが可能。また、専用の管理画面で入退室履歴を基にした分析結果を活用し、経営者や上司、人事担当者がスタッフと労いのコミュニケーションを取るきっかけになる。

これにより、ただの効率化には留まらない、コミュニケーションが活性化され創造的なオフィスの実現を目指すという。

<活用例>
・誕生日のスタッフが出社したらバースデイメロディが鳴る。
・外出時に雨が降っていたら雨用メロディが流れる。
・緊急地震速報を受けて警告音が鳴り、ロックが自動で解除される。
・入退室に合わせて電気が点く。
・全員退室したらお掃除ロボットが動き出す。
・最初の入退室を確認したら管理者にSNSで通知する。
・ノー残業デー達成率の確認で勤務状況の改善に貢献。
・会議室利用状況の確認でオフィス空間の有効活用に貢献。
・喫煙室の利用状況を確認して社員の健康管理に貢献。

 

手軽に利用できるレンタルプランでの提供

これまでにない製品であるスマートロックの導入は、心理的にハードルが高いため、「興味はあるけれど、購入してずっと使い続けるのが不安」という顧客でも、安心して利用できる「レンタルプラン」で提供し、3年で1万台の販売を目指すという。

導入に関して製品の買取りは不要で、月額制のレンタルプランとすることで、万が一の故障時にも交換対応し、電話やメールで気軽に相談できるなど、サポート体制も充実している。

 

製品の詳細はこちらを参照。

 

【関連リンク】
フォトシンス(Photosynth)
アケルン(Akerun)

Previous

提供するのは、ビジネス価値のプロトタイピング -東京エレクトロンデバイス インタビュー

オリィ研究所、分身ロボット「OriHime」新バージョンリリース

Next