CAC、感情認識AIのAffectivaと国内初の販売代理店契約を締結

企業向けITサービスを展開する株式会社シーエーシー(以下、CAC)は、感情認識AIのAffectiva, Inc.と日本国内初の販売代理店契約を締結し、Affectivaのサービスとソフトウェアの販売を開始した。

 

Affectivaの洗練された感情認識ソフトウェアは偏りのない消費者の反応をキャプチャしてリアルタイムで計測し、瞬間的に生じる自然な感情を98%の精度で分類する。

世界中で実施したテストを通じて、Affectivaは世界最大級の表情と感情のデータを蓄積している(世界75ヵ国で、400万人以上の表情を分析し、500億件に上る感情データポイントを収集)。すでに、世界各国の市場調査、メディア、広告、ゲーム市場でグローバルに使用されており、1400以上のブランドで消費者の感情テストに用いられるなど、感情認識AIの市場を牽引する存在だ。

 

CACグループでは、この5月にAffectivaへの出資を行ったのに続き、今回の販売代理店契約締結により、感情認識AIビジネスに具体的に着手した。

Affectivaの感情認識ソフトウェアにより、広告、医療、自動車など多くの分野で、パーソナライズされた体験の提供が可能になる。例えば、患者の心の状態に応じた医療アプリケーションの開発などが可能になる。

CACは、Affectivaのサービスとソフトウェアの販売、メンテナンスとサポート、導入のコンサルティングと構築などを行う。今後、製品開発、教育、人材サービスなどの分野で感情認識AI活用への積極的な提案を行うとともに、Affectivaのソフトを組み込んだ同社サービスの開発、ソーシャルロボット事業での活用にも取り組んでいくという。

 

【関連リンク】
シーエーシー(CAC)
AFFECTIVA

Previous

内田洋行とインテル、「教育IoT」で協業

Actility、フォックスコンとThingPark Chinaを立ち上げ、急成長する中国のIoT市場で機会を活用

Next