大和ハウス工業、水田センサ「PaddyWatch(パディウォッチ)」レンタル開始

大和ハウスグループの大和リース株式会社は、ベジタリア株式会社と協業し、本日2016年7月8日より全国の稲作農業生産者向けに水田管理支援システム「PaddyWatch(パディウォッチ)」のレンタル受付を開始した。

 

「PaddyWatch」はベジタリアが2016年4月に開発。センサ機能が搭載されており、水田に設置することで、水位・水温・温度・湿度の4つのデータについて自動測定を行う。また、通信機能も搭載されており、スマートフォンやタブレット端末の専用アプリケーションを使用することで、遠隔地からデータの確認が可能。

大和リースは車両リース事業や福祉ロボットレンタル事業にて培われたノウハウを活かし、スマート農業(※1)の普及に取り組んでいくという。

 

商品開発背景

近年、稲作農場において登熟期の高温障害(※2)への対策など、水管理の重要性は全国的に高まってきている。また、年々農場は大規模化している反面、農業従事者の減少など経営の効率化が課題となっている。

水管理においても、朝晩の見回り作業などが必要となり、効率化が図りにくいものとなっている。

そこでベジタリアは農業生産者がどこにいても水田の状況が確認でき、水位や水温の変化により、水管理を効率的に行うことができる水田管理支援システムを開発した。機器をレンタルすることで、初期費用をおさえた利用が可能となる。

 

レンタル商品概要

商品名称 PaddyWatch(パディウォッチ)
主な機能 ①センサ機能による水位・水温・温度・湿度の自動測定
②通信機能による測定データの遠隔地管理
外形 本体:円筒形φ160mmx高さ420mm
使用温度範囲 -10℃~50℃
レンタル受付開始日 2016年7月8日(金)
レンタル地域 日本全国
レンタル料金(税別) 月額8,280円/台
※機器本体レンタル料、サービス利用料(クラウドサーバー・アプリケーション・ピンポイント天候予測の利用料)含む

大和ハウス工業、水田センサ「PaddyWatch(パディウォッチ)」レンタル開始
 

※1:スマート農業とはロボット技術や情報通信技術を活用して、省力化などを行う次世代農業のこと。
※2:籾殻の中で米の粒が成長する登熟期に気温が高すぎて品質が低下すること。

 

【関連リンク】
ダイワハウス(DaiwaHouse)
大和リース(Daiwa Lease)
ベジタリア(vegetalia)
PaddyWatch(パディウォッチ)

Previous

ヴェルト、IoT製品向け次世代回路の開発目的でベンチャーキャピタル2社から資金調達

パナソニック、Pepperを活用したロボティクス・ソリューションの受注を開始

Next