レイ・フロンティアとイード、共同開発した「e燃費 Ver4.0」アプリ配信の開始

レイ・フロンティア株式会社と株式会社イードは、共同開発したスマートフォン向けアプリ『e燃費Ver.4.0』(読み方:イーネンピバージョン4.0)を配信開始した。

 

イードが提供する『e燃費』は、ユーザーの愛車の燃費やメンテナンス情報などを、アプリ、モバイル、PCで管理できる、ユーザー参加型のオンラインサービスとして、イードが2000年より運営しており、今年で16年目を迎えている。

65万人(2016年7月現在の登録会員数)のユーザー投稿データをもとにした実燃費参考値は、カタログ燃費と比較し、達成率を提示することで、ユーザーに対して自動車購入の参考として役立てられており、また店舗ごとに変化するガソリン価格の情報提供など、カーライフをサポートする情報・サービスを提供している。

 

今回のアプリのバージョンアップでは、イードと共同開発を行い、レイ・フロンティアが持つ人工知能技術(以下、AI技術)を活用した「ドライブログ機能」(=運転自動記録機能)を新しく追加し、精度の高い移動情報の取得が可能になった。

また、使いやすくわかりやすいデザインを追求しUIを一新。さらに、アプリによるスマートフォンのバッテリー消費も抑えたことにより、「賢い機能」「優美なデザイン」「エコノミー(節約)×エコロジー(環境)」を兼ね備えたサービスに進化したという。

 

新機能:AI技術を活用した「ドライブログ機能」

『e燃費Ver.4.0』では、AI技術を活用した「ドライブログ機能」が新しく追加になった。愛車の運転履歴を自動で記録し、「エコノミー(節約)×エコロジー(環境)」の両面から次世代のエコカーライフをサポート。

「ドライブログ機能」は、トリップ(移動開始から終了まで)毎の、移動手段(自動車、徒歩、バス、電車など)を自動判別(※)し、ルート・時間・距離・速度を自動記録する。タイムラインからお出かけの記録を振り返り、ドライブ旅行のルートや思い出の記録、燃費が良くなる走行ルートの発見や、移動手段の見直しなどに活用することが可能。

※アプリインストール後の初期段階では、ユーザーによる手動での「乗り物スタンプ」(マイカー、電車、徒歩、などの移動手段を示すスタンプ)の入力が必要。「乗り物スタンプ」を手動入力すればするほど、AI技術の「ディープラーニング」等により、移動手段を自動判別できるように学習していく。

※「ドライブログ機能」は、アプリ版のみの追加機能。

 

従来機能

燃費管理機能

給油量と走行距離を入力することで愛車の実燃費が計算され、その推移をみることができる機能。エコドライブの第一歩は自分の燃費に”気づく”ところから始まる。給油レシートとオドメーター撮影による「燃費管理機能」で愛車のリアルな燃費を知ることができ、車種別実用燃費データ「e燃費ランキング」より、愛車とライバル車種との比較も可能。

愛車メンテナンス管理簿

オイル・タイヤ・その他消耗品などのメンテナンス時期を管理することができる機能。走行距離もしくは適当と思われる時期を入力することで、自動的にアラート通知を行い、適切なタイミングでメンテナンスを行うことで、愛車の寿命をのばすことができる。

ガソリン価格検索

GS/SSで販売されている、リアルタイムなガソリン価格を検索することができる機能。お得に給油ができる近所のGS/SSを見つけることができる。

燃費に関連するニュースコンテンツ

燃費に関連するお得で楽しいニュースや情報を、「カーライフニュース」や「e燃費ブログ」、『e燃費』の各種SNS(Twitter・Facebook・Instagram)でお届け。

 

e燃費アプリ Ver.4.0

対応OS:iOS: 8.0以上(配信開始)
Android: 4.0.4以上(2016年8月上旬配信開始予定。旧Versionはダウンロード可能)

 

e燃費について

2000年春にイードがサービスをスタートし、累計会員数65万人を突破している燃費管理サービス。登録ユーザーから寄せられる毎月数万回の給油データから、車種別実用燃費データ「e燃費ランキング』や「リアルタイムガソリン価格』など、“楽しく節約、楽しくエコロジー”できる情報を提供している。

サービス開始:2000年6月 / 月間PV:500万PV / 会員数:累計65万人
燃費データ:累計 約1,300万件
ガソリンスタンドデータベース:全国3万3,560件
EV充電スタンドデータベース: 全国1万1,3038件
水素ステーション:総計45件

 

【関連リンク】
レイ・フロンティア(Rei-Frontier)
イード(IID)
e燃費
e燃費アプリ Ver.4.0

Previous

ソフトバンクの「+Style」、まるで本物の子犬のように育成できる子犬型ロボット「Meet CHiP」を販売開始

モーションエレメンツ、AIテクノロジーを使用した動画&音楽検索ツールをリリース

Next