エイブル、IoT時代の新しいドア「mirado(ミラド)」新発売

エイブル株式会社は、9月1日より一般住宅の開きドアを大型ミラーと映像出力のミラーTVドアにすることによりスマートフォンの画面を大型表示できる、IoT時代の新しいドア「mirado(ミラド)」新発売する。

一般住宅の開きドアを大型ミラーと映像出力のミラーTVドアにすることによりスマートフォンの画面を大型表示できる。

タッチセンサー、各種センサー、カメラ、マイク、スピーカーが組込み可能。既存のドア枠にオーダードアを取り付けるだけで、簡単に設置できる。

各種特許、商標も取得済だという。

・アメリカ、EU全域、アジア、中東各国に海外展開を計画。
・スマートフォンは、Android/iPhone(iOS)/iPad(iOS)に対応可能。
・とてもシンプルな構造で、取扱い/掃除が簡単。

 

販売予定価格:600,000円~/1台 (日本国内)

発売予定日:2016年9月1日

 

【関連リンク】
エイブル(ABLE)
mirado(ミラド)

Previous

モーションエレメンツ、AIテクノロジーを使用した動画&音楽検索ツールをリリース

インフォコム、IoTを用いた認知症ケアソリューションを開発

Next