ハウステンボス、「ロボットの王国」が誕生、ドローンを総合体験できるテーマパークへ

ハウステンボス株式会社は、ロボット複合施設「ロボットの王国」を2016年7月16日(土)からスタートする。

また、DJI JAPAN 株式会社(以下、DJI JAPAN)と正規代理店契約を締結し、同日7月16日よりハウステンボスのテーマパーク内でドローンの事業を開始すると発表した。

 

「ロボットの王国」誕生

「ロボットの王国」では、ロボットシェフが迎える「変なレストランロボット」や 最先端のロボットが展示・体験できるミュージアム「ロボットの館」が誕生。さらにオープニング企画として現代のロボット技術者に多くの影響を与えたと言われる「機動戦士ガンダム」の世界観を、コンテンツで満喫できる「機動戦士ガンダム スペシャルシアター」を期間限定開催。親しみ深いロボットから話題の最先端ロボットまで、進化し続けるロボットたちが迎える複合施設となる。

そして、昨年7月にオープンしたロボットがメインスタッフの「変なホテル」で活躍するロボットもその名の通り、変化・進化を重ねながら顧客を迎えている。

変なレストラン ROBOT

ロボットシェフと店長ロボが出迎える「変なレストラン ROBOT」は、“200年後のレストラン”がテーマ。機械化によりロボットとなった店長が、人間に憧れて取り仕切る未来のレストラン。

ブッフェ形式のレストランにはシェフ自慢のお好み焼きをはじめ、チャーハンやドーナツなどのメニューが並ぶ。入り口にはIBMが開発した「ワトソン」搭載のレストランコンシェルジュ。来店客とのコミュニケーションだけでなく、場内のおすすめレストランを案内する。
■席 数 21 卓(106 席)
■場 所 アトラクションタウン ソーセージワーフ 2 階
■料 金 ランチ :(大人)1,980 円、(小学生)1,000 円、(4 歳~小学生未満)500 円
    ディナー:(大人)2,980 円、(小学生)1,800 円、(4 歳~小学生未満)500 円
■ロボット紹介(全 10 種 30 体)
レストランコンシェルジュ、ウェルカムロボ、ゲストアテンドロボ(店長)、卓上コミュニケーションロボ、バッシングロボ、お好み焼きロボ(料理長)、バーテンロボ、ソフトクリームロボ、ドーナツロボ、チャーハンロボ

ロボットの館

ハウステンボス、「ロボットの王国」が誕生、ドローンを総合体験できるテーマパークへ
ロボットで遊んだり、操縦したり、会話したり、学んだりできる、ロボットの体験型ミュージアム。
館内には、ロボット関連の企業ブースも登場。ショップでは人気を集める家庭用ロボットを展示・販売。さらに、息がぴったりのロボットやコミカルなダンスを披露するステージショーも開催。
■企業ブース 9 社 10 ブース
■シ ョ ッ プ 取扱商品 200 種以上
■ス テ ー ジ ロボット 3 種 プリメイド AI/MANOI/KONDO KHR

こどもロボット館

ハウステンボス、「ロボットの王国」が誕生、ドローンを総合体験できるテーマパークへ
操縦可能な搭乗型ロボット「バトルキング」をはじめ、子ども向けのロボットショップや手軽に挑戦できる工作体験教室などが集まるキッズおすすめのロボット体験館。
※バトルキングは、小学生未満は保護者同乗推奨(合計体重 100kg 以下)
■場 所 アトラクションタウン

機動戦士ガンダム スペシャルシアター

ロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダムシリーズ」 37 年の歴史を振りかえる、ハウステンボスだけの迫力あるオリジナル編集映像です。
■スクリーン 幅 27m、高さ 7m の巨大三面スクリーン
■上 映 時 間 約 9 分間
■料 金 パスポート対象
■期 間 7 月 16 日(土)~2017 年 2 月 28 日(火)予定

ワンダーホイール

ハウステンボス、「ロボットの王国」が誕生、ドローンを総合体験できるテーマパークへ
搭乗型移動支援ロボット「エアホイール」の試乗体験をはじめ、展示&販売も行う。さらに、ドローン飛行体験や園内空撮ツアーも実施。ブレのない滑らかな動きで振動することなく撮影ができるカメラのレンタルなども行う。

シュテーボ

22名乗りのバトルロボが夏のハウステンボスで大暴れ。場内数箇所のバトル会場でシューテーボが前方・側面・後方から噴射。
■料 金 パスポート対象 ※プレミアムシートは 500 円
■サイズ 高さ 約 4m、 幅 約 2m40cm、 長さ 約 7m
■コース ウェルカムエリア バス停 → アートガーデン横 → ハーバータウン 往復

高さ9mの実物大パトレイバー登場

ハウステンボス、「ロボットの王国」が誕生、ドローンを総合体験できるテーマパークへ
映画、「The NEXT GENERATION パトレイバー」に登場した全高約9mの実物大パトレイバー「98 式 AV イングラム」が登場。 特別展示スペースにはフォトスポットとして「コクピット」を再現。
■場 所 アトラクションタウン ロボットの館前

 

ドローンを総合体験

ハウステンボスでは、ドローンの「販売(購入)→トレーニング提供→空撮→発信」の全てができるようになる。また、日本初のテーマパーク内DJI正規代理店となる。

「ロボットの王国」が開幕する7月16日以降、ハウステンボスの来場客を対象としたDJI製のドローンの体験講習をスタートする。加えてハウステンボス場内の空撮プランの販売も開始されるほか、同社製品の販売も行うという。

ハウステンボス場内「ワンダーホイール」にて7月16日より以下の展開を開始。

ドローン飛行体験 ※12 歳以上

・¥1,500/30 分
・安全講習 10 分+シミュレーター10 分+ゲージ内トレーニング 10 分

DJI PHANTOM 講習 ※15 歳以上

・7,000 円/2 時間
・講習 30 分+シミュレーター30 分+休憩 10 分+ゲージ内トレーニング 50 分
*講習内容は航空法、準備・取り扱い、安全講習について。

園内空撮ツアー

・¥6,000
・開園1時間前(スタッフアテンド)エアホイールでの移動付き。
・ドローンは基本持ち込み。
・事前に技能レベルの確認。
-前日までにワンダーホイールにてライセンス発行。※テストフィーとして 1,000 円
-DJI CAMP 有資格者。スペシャリスト以上

DJI OSMO レンタル

・手ぶれ補正機能付き完全一体型手持ち 4K カメラ
・1 日レンタル ¥2,300
・1 泊 2 日 ¥3,900
(DJI OSMO 付属パーツレンタル)
・バイクマウント(自転車・エアホイールに OSMO を装着可能) ¥500/1 日
・予備バッテリー ¥1,200/1 日

販売商品

・PHANTOM 4 (DJI の最新機種で DJI 史上最もスタイリッシュなフライングカメラ)
-PHANTOM 3 Professionalと比べて飛行時間が25%向上し、最大28分の飛行が可能。
-操縦をサポートする障害物回避機能・TAPFLY(タップフライ)モード・ACTIVETRACK (アクティブト ラック)等を搭載。
-振動や揺れを排除する3軸ジンバルを採用し鮮明でシャープなプロのような4K動画を撮影可能。

 

【関連リンク】
ハウステンボス(HTB)
ディー・ジェイ・アイ(DJI/大疆创新科技)
アイビーエム(IBM)

Previous

IROYA、オムニチャネル支援サービス「Monopos」を提供開始、スマートな販売情報管理や物流拠点管理を実現

VUFINE、眼鏡装着型ウェアラブルディスプレイ「Vufine」 日本での正規販売開始

Next