日立の車両運動制御「G-Vectoring」に基づいた新技術をマツダが開発し、大幅改良「マツダ アクセラ」から順次搭載

日立オートモティブシステムズ株式会社の車両運動制御「G-Vectoring」に基づいた新技術が、マツダ株式会社で開発され、マツダが大幅改良し本日7月14日より国内販売される「マツダ アクセラ」から順次搭載されるという。

「マツダ アクセラ」から順次搭載されるマツダの新技術「G-ベクタリング コントロール(以下、GVC)」は、日立オートモティブシステムズが有するG-Vectoring制御のアルゴリズムを基にマツダが応用開発したもので、車両の横方向と前後方向の運動を連係し、四輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両運動を実現する制御技術だ。マツダで開発されたGVCは、マツダの新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」の第一弾として、エンジンでシャシー性能を高める制御技術である。

【関連リンク】
日立オートモティブシステムズ(Hitachi Automotive Systems)
マツダ(Mazda)
G-Vectoring Control(ジー・ベクタリング・コントロール)

Previous

DeNAとPFN、人工知能技術を用いた 企業向けソリューションを提供する合弁会社PFDeNAを設立

IDC、2020年には国内第3のプラットフォーム市場が約14兆円に成長と予測

Next