エクスウェア、人工知能によるQ&A自動応答サービス「TalkQA」提供開始

エクスウェア株式会社は、様々な問い合わせにAI(人工知能)が自動で応答する、チェットボット(Chat bot)の企業向けソリューション、「TalkQA(トーク・キュー・エー)」の提供を2016年7月20日(水)より開始する。

「TalkQA」は、クラウド型のQ&A自動応答サービスで、企業が顧客に対する各種問い合わせに対する応答を自動化することで、問い合わせに対する迅速な応答とコスト削減を実現。また、自動応答画面はPCだけではなく、タブレット端末やスマートフォンにも対応されており、必要に応じてAPI提供も行うため、各種Webサイトやアプリに組み込むことも可能。

エクスウェア、人工知能によるQ&A自動応答サービス「TalkQA」提供開始

エクスウェア、人工知能によるQ&A自動応答サービス「TalkQA」提供開始
顧客の悩みを解決するための、6つの機能を「TalkQA」は実現する。

・応答予測学習
予測される問い合わせ内容と回答を人工知能に学習させることで、顧客の課題に沿った人工知能を作り上げる。

・問い合わせ履歴収集
問い合わせ内容とTalkQAからの応答内容を時系列で保持し、過去の問い合わせ内容をいつでも検索できる。

・問い合わせ内容分析
問い合わせの傾向や、TalkQAからの応答信頼度に関する情報をグラフ表示することで、顧客のマーケティングに活用する事ができる。

・マニュアル応答
問い合わせ内容が、TalkQAにより自動応答できない場合、顧客自身で問い合わせ内容に回答することができるため、AIが誤った回答をするリスクを最小限に抑えることができる。

・フィードバック学習
問い合わせに対して、適切な応答がなされなかった質問や、自動応答できなかった内容について人工知能にフィードバックさせることができる。

・SNSチャットに対応
様々なSNSが提供するチャットプラットフォームでTalkQAを実現することができる。

エクスウェア、人工知能によるQ&A自動応答サービス「TalkQA」提供開始
また、「TalkQA」では、導入から運用までトータルにサポートする。企業にAIを導入するには、その可否の判断に加えて、各機能の問い合わせ内容に応じたAIのチューニング(機械学習)及び、継続的な運用と学習が必要になる。「TalkQA」ではより顧客のニーズに合った人工知能を実現するためのPDCAサイクルを提供。

・ヒアリング・計画
人工知能による自動応答の導入の目的や期待すること、現状の問い合わせフローなどをヒアリングし、TalkQA導入の可否、個別カスタマイズの範囲、導入までのスケジュール、運用の方法など、スムーズな導入に向けたプランを立案。

・人工知能構築
TalkQAの適用範囲に合わせた機械学習用データの収集と機械学習を行い、顧客専用の人工知能エンジンを制作。また、必要に応じてニーズに合わせたシステムの各種カスタマイズを行う。

・運用・情報収集
TalkQAを使用して人工知能による自動応答を開始。人工知能による応答精度や質問のカバー状況など様々な情報を収集。

・分析・改善
TalkQAの運用で収集した様々な情報を分析し、TalkQAにフィードバックさせ、より顧客の意図を汲んだ人工知能を作り上げる。

【関連リンク】
エクスウェア(Xware)
TalkQA(トーク・キュー・エー)

Previous

IIJ、ネットワークとクラウドを融合させた新型IoTプラットフォーム「IIJ IoTサービス」を発表

ジョルダン、乗換案内アプリで富士通と共にAI技術を活用した列車遅延予測の実証実験を開始

Next