ZMP、システム開発不要ですぐにデータ取得可能な「車両挙動計測ロガーパッケージ」販売開始

株式会社ZMPは、本日7月20日、車両データの取得システム構築が不要な、「車両挙動計測ロガーパッケージ」の販売を開始した。ADAS(先進運転支援システム)開発者にとって車両データ取得はセンサ類、データ保存用ロガー調達から、配線方法、複数センサとのデータ同期など、データ取得のためのシステム構築に多くの時間を費やしていた。

ZMPではこれまでのセンサ開発や販売、またデータ取得方法のコンサルティング、実車実験走行によるデータ取得サービス「RoboTest®」を提供してきたが、これらの知見を活かしTelemotive製の高性能データロガーをベースとした取得システムがあらかじめ構築済みの商品「車両挙動計測パッケージ」を提供する。これにより利用者は、煩雑なシステム設計・構築を行うことなく、すぐに車両や環境データ取得を開始することができる。

車両関連の計測では、車速などの車両情報に加え、車両姿勢、位置情報、車両周辺の映像、ドライバーの映像などを同期して取得することが求められる。「車両挙動計測ロガーパッケージ」では、車両情報専用ケーブル(OBDⅡ規格)、GPS・気圧センサ「ZMP Position-Z2」、9軸モーションセンサ「ZMP IMU-Z2」、およびネットワークカメラ(最大4台)を、ドイツTelemotive製高性能データロガー「blue Pira T2」に接続することで、車両に関係する様々な情報をエンジン起動と同時に取得することができるパッケージとなっている。

また、手元で信号取得状況の把握やトリガー入力が可能なデバイス「Remote Control Touch」、電源ユニット(電源取得方法のコンサルティング含む)、専用ケーブル、これらの機器を基本セットとして販売。また要望に応じて、センサやカメラ設置用治具の提案や、事前にデータ取得テストなども実施可能だという。

セットアップサービスも行うためユーザはシステム構築の必要がなく、システムを受け取ったその日からすぐにデータ取得が始められ、研究のために必要なデータの取得期間の短縮に貢献する。

「車両挙動計測ロガーパッケージ」は250万円(税別)~となり、その他アナログ・デジタル計測なども追加オプションとして選択可能。なお、「車両挙動計測ロガーパッケージ」は、8月31日(水)〜9月2日(金)ベルサール六本木にて開催される、「ZMPフォーラム2016」にて紹介される。

【関連リンク】
ゼットエムピー(ZMP)
テレモーティブ(Telemotive)

Previous

やさしい手、センサーを活用したIoT生活支援サービス「やさしい手LiveConnect」提供開始

DeNAとヤマト運輸、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発に向けた「ロボネコヤマト」プロジェクトを始動

Next