オプト、自然言語処理技術によるAI活用を促進するJetrunテクノロジと業務提携

オプトグループの株式会社オプトは、自然言語処理を活用したAI活用を得意とするJetrunテクノロジ株式会社と業務提携したと発表した。

Jetrunテクノロジとはこれまでも、オプトが提供するLINEビジネスコネクト(※1)配信ツール「TSUNAGARU」(※2)によるチャットボット提供にて連携をしてきた。(※3)今回の業務提携によって、「TSUNAGARU」のチャットボット機能のさらなる強化はもとより、最新の自然言語処理技術の研究や、チャットボット機能の展開が可能な新規チャネルの開拓など、人工知能を活用したマーケティング事業展開を企画~システム接続~運営まで一気通貫して提供していくという。

オプトでは、今後も「マーケティング×テクノロジー」の追求で個客満足を最大化させることをミッションにLINE ビジネスコネクト及びアプリマーケティングのさらなる支援・CRM活用による事業成長支援を加速させていくとともに、広くテクノロジー分野における開発促進と技術発展へ寄与していく。

※1「LINE ビジネスコネクト」とは
LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになる。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になる。
※LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはない。
 
※2「TSUNAGARU」とは
株式会社オプトがLINE公式アカウント開設企業向けにASPサービスにて提供し、LINE ビジネスコネクトのメッセージ配信ができるマーケティングツール。LINE上のユーザーと企業のユーザーを紐づけるIDシンク機能、メッセージ配信機能、自動応答機能、ユーザーからの問い合わせに返答する個別チャット機能を搭載。さらにオプション機能として、メッセージの配信シナリオ設定、クラスタ抽出、購買ユーザーに対してのLINEでのステップメッセージ配信、アンケートデータ・クリックデータによるセグメントメッセージ配信機能の利用も可能。
簡易なタグ設定のみで導入ができ、LINE ビジネスコネクト開始時の企業のシステム開発負荷を大幅に軽減し、LINEを含めたネット広告領域の効果の最大化を実現する。

※3「オプト、Jetrunテクノロジ、フォーラムエンジニアリングが 『人工知能(AI)技術博士「フォーフォ」』を3社共同開発」(2015/9/9リリース)

【関連リンク】
オプト(OPT)
Jetrunテクノロジ(Jetrun Technology)
TSUNAGARU
LINE ビジネスコネクト

Previous

TBS、GYAO、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、BIGFACE、電通、ドローンレースや競技を始めとするエキストリームエンタテイメント等のコンテンツ開発プロジェクト発足

Nordic、低消費電力セルラーIoTの製品ロードマップを発表

Next