ZMP、車速や位置情報などのデータ取得を手軽に始められる「ZMP Position&Motion 車両CAN計測パッケージ」を販売開始

株式会社式会社ZMPは、PCですぐに利用可能な「ZMP Position & Motion 車両CAN計測パッケージ」をリリースした。同製品は、まずは試験的に車両や移動体の位置と挙動のデータを取得したいというニーズに対して手軽にデータ取得を始められる商品だ。ZMPではこれまでのセンサ開発や販売、またデータ取得方法のコンサルティング、実車実験走行によるデータ取得「RoboTest®」を提供してきたが、これらの知見を活かしより手軽に計測ができる仕組みとして同商品の提供を開始した。

同製品は、GPS・気圧センサ「ZMP Position-Z2」、9軸ワイヤレスモーションセンサ「ZMP IMU-Z2」、CANUSBインターフェイス「CANUSB-Z」、計測用PCが基本セットとなっている。利用者は専用ソフトウェアがインストールされたPCにUSBインターフェイスで接続された各種センサから、車速などの車両情報に加え、車両姿勢および位置情報がCANフォーマットですぐに取得可能。なお、PCは仕様条件を満たしていれば利用者の所有するPCでも計測でき、より安価で手軽に導入可能。PCの代わりに専用CANロガーを取り付けることも可能な汎用性も併せ持っている。

ADAS開発や建機農機等の移動体における本格調査検討段階の事前調査や、短期間でのデータ取得などが求められる状況において、直ぐに利用できるのが同商品の特徴だ。

「Position & Motion 車両CAN計測オプション(PCセット)」 43.6万円(税別)~
「Position & Motion 車両CAN計測オプション(PC無し)」 28.6万円(税別)~

製品の詳細についてはこちらを参照。

なお、同製品は、8月31日(水)〜9月2日(金)ベルサール六本木にて開催される、「ZMPフォーラム2016」にて紹介される。

【関連リンク】
ゼットエムピー(ZMP)
ZMP Position & Motion 車両CAN計測パッケージ

Previous

住友不動産ベルサールとライナフ、IoT技術を取り入れた貸会議室「ベルサールネクスト」を展開

ドクターネットとPKSHAが業務提携、深層学習技術を用いてレントゲン等の医療画像診断をサポートするアルゴリズムの開発を促進

Next