富士通、「ユビキタスウェア」を活用した農作業者の安全性向上を目指す実証実験をスマートアグリカルチャー磐田と開始

富士通株式会社は、株式会社スマートアグリカルチャー磐田(以下、SAC iWATA(サークイワタ))と、ビニールハウス内での農作業者の状態を把握して安全性の向上を図る実証実験を、「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(フジツウ アイオーティー ソリューション ユビキタスウェア)」製品の「ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド、以下、バイタルセンシングバンド(注1)」を用いて、7月から8月の期間、ケールなど葉物野菜を栽培しているSAC iWATAのビニールハウス内で実施する。

SAC iWATAでは、高温多湿な夏場のビニールハウス内での農作業における熱中症の予防対策を講じてきたが、さらなる効果的な取り組みについても検討されてきた。同実証実験では、農作業者の手首に「バイタルセンシングバンド」を装着し、周囲の温湿度と作業者のパルス数(注2)から作業者それぞれの熱ストレスレベル(注3)を推定する。また、パルス数から算出した、活動による身体負荷レベル(注4)を推定。

これらのデータを同社のIoTデータ活用基盤「FUJITSU Cloud Service IoT Platform(フジツウ クラウド サービス アイオーティー プラットフォーム)」に収集し、事前に設定した通知条件に該当した場合に管理者のスマートフォンへアラームが通知される。これにより、農作業者への休憩の促進や、万が一の事故発生時の迅速な対処など、一人ひとりに合わせた状態の管理を行うことができる。

なお、同実証実験は、「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai(アキサイ、日本語通称:秋彩)」の検証・実践の場である同社の「Akisai農場」(沼津工場内)においてもあわせて実施。今後、同実証実験の成果を踏まえ、過酷な環境下で働く農作業者の安全性向上を支援するとともに、ほかの生産現場への展開や農業ソリューションの強化を目指して取り組んでいく。

富士通、「ユビキタスウェア」を活用した農作業者の安全性向上を目指す実証実験をスマートアグリカルチャー磐田と開始
ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド

<実証期間>
2016年7月~2016年8月

<実施場所>
SAC iWATA(静岡県磐田市)
Akisai農場(静岡県沼津市)

<提供システム>
同実証実験では、以下の通りデバイスおよびシステムを活用する。
・装着デバイス:熱ストレスレベル、身体負荷レベルなどを推定することができる「バイタルセンシングバンド」
・データ活用クラウド基盤と活用技術
・IoTデータ活用基盤 「FUJITSU Cloud Service IoT Platform」:センサーアルゴリズム、センサーデータ通知アプリ

<実証内容>
「バイタルセンシングバンド」を用いて、農作業者の熱ストレスレベル、身体負荷レベルなどを推定し、事前に設定した通知条件に該当した場合に管理者へアラームを通知することにより、農作業者一人ひとりの状態を把握し、安全を管理する。

また、同実証内容は、7月27日(水曜日)から7月29日(金曜日)まで東京ビッグサイトで開催される「施設園芸・植物工場展 2016(GPEC)」に出展予定。

(注1)バイタルセンシングバンド:本体に搭載されたセンサーで計測した温度・湿度・パルス数などの情報から、装着者周囲の熱ストレス推定などを行うことができる同社のユビキタスウェアのこと。バイタルセンシングバンドは医療機器ではない。状態の測定・推定結果から、事前に該当した条件通知に該当した場合、アラームで知らせるもので、診断するものではない。
(注2)パルス数:拍数/分を推定。
(注3)熱ストレスレベル:日本気象学会の「WBGTと温度、湿度との関係」を基に、温湿度にパルス数を組み合わせて算出した熱ストレス状態を「安全」「危険度低」「危険度中」「危険度高」の四段階に分け推定。
(注4)身体負荷レベル:有酸素運動時の適正な心拍数を示すカルボーネン法などの指標を基に、パルス数から算出した、活動による身体負荷を「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「危険」の五段階に分けて推定。

【関連リンク】
富士通(FUJITSU)

Previous

アクセンチュア、製造事業者の多くはAI関連技術への投資を強化する意向を持ちつつも、デジタル技術の活用準備が整っていないことが判明

サントリー、IoT自動販売機で企業の「健康経営」をサポート

Next