ファナックとNTTグループ、IoTにより製造・生産の最適化を実現するFIELD systemの早期確立とサービス運用開始にむけた協業に合意

ファナック株式会社、日本電信電話株式会社(以下 NTT)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)および株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(以下 NTTデータ)は、2016年7月28日、ファナックが開発を進めている、CNC(コンピュータ数値制御装置)やロボット、周辺デバイスやセンサーなどを接続して製造・生産を最適化するための高度なアナリティクスを提供するオープンプラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system (以下 FIELD system)」の早期確立とサービス開始に向け、各社が注目するエッジコンピューティング技術とICT基盤活用などに係る協業を行うことに合意した。

ファナックは、ファクトリーオートメーションとロボットのサプライヤーだ。製造業の現場で使用される各種機器をネットワークで接続し、それらから生み出されるビッグデータを賢く処理、活用することで、これまでにないスマートな製造現場を実現するオープンプラットフォームの「FIELD system」の開発・商用化に向け取り組んでいる。

一方、NTTグループは、顧客に選ばれ続ける「バリューパートナー」として、ICTを通じたパートナーとのコラボレーションにより、Co-Innovation(共創・技術革新)の取り組みを推進している。製造業を最重要分野として位置づけ、NTTグループ全体で、パートナーとともに高付加価値サービスの創出や新たなビジネスモデルの確立を目指していく。

今回の協業では、ファナックが推進する FIELD system構想に、新たにNTTグループが参画する。NTT研究所の先端技術と NTT Com がグローバルに展開する ICT基盤やマネジメントソリューションを活用して、FIELD systemの早期確立、サービスの運用開始とともに、デファクトスタンダード化を目指す。さらに、NTTデータは工場内の様々な課題を解決するビッグデータ解析を起点としたアプリケーション開発の実績とノウハウを活かして、FIELD systemを活用する顧客の業務変革を支えていく。

FIELD system において、NTTのエッジコンピューティング技術と、NTT Com のネットワークなどの ICT基盤やマネジメントサービスを適用することで、各地に分散した機械から収集したデータを、エッジヘビーに処理することも可能となり、機械がお互いに柔軟かつ賢く協調する、今までにない高度な製造業の実現を加速する。各社の取り組みは以下。

ファナック: 製造業向け生産性向上と効率化を実現する FIELD system の開発
Cisco、Rockwell、Preferred Networks の各社と共同で、製造現場の機器が生み出すビッグデータをエッジヘビーで賢く、効率よく、リアルタイムに処理し活用する FIELD systemを開発している。これまでの4社によるハードウェアを含むプラットフォームの開発に加え、ネットワークを利用した FIELD systemの管理、運用、アプリケーションの配信、開発について、NTTグループ各社の技術を融合することで、FIELD system の早期実現と普及を図る。

NTT: 研究開発成果による FIELD system 実現の加速
NTTがこれまで研究開発を進めてきたエッジコンピューティング技術と Ciscoソリューション(*)との組み合わせによって、製造現場に設置されるエッジサーバに各種アプリケーションを配信・管理し、多種・多様な機械との高速なデータ交流とリアルタイムな分散処理を可能とする。

NTT Com: FIELD system の運用管理システムの構築
各地の生産拠点をカバーできる形でFIELD systemがセキュアにサービス提供されるべく、FIELD systemの早期構築と一元管理運用を支援する。あわせて、FIELD system のネットワークインテグレータとして参画することにより、製造業の顧客へのFIELD systemのスムーズな導入を支援していく。

NTTデータ: FIELD system用アプリケーションの開発
これまでの豊富なデータ解析技術や幅広い業務コンサルのノウハウをもとに FIELD system のアプリケーション開発者として参画することにより、FIELD system をご利用されるお客様の業務改革を支援していく。

FIELD systemとは

顧客とアプリケーション開発者が高度な機械学習を活用することによって、製造業での更なる生産性向上と効率化をもたらすことができるプラットフォーム。人工知能とエッジコンピューティング技術を組み合わせることで分散型機械学習 (Distributed Machine Learning) などを可能にする。これにより、機械から収集されたデータを、エッジヘビーにリアルタイム処理することで、機械がお互いに柔軟にかつ賢く協調するなど、今までにない高度な製造業を実現する。

*Cisco EAF (Edge Analytics Fabric: IoT向けメッセージ交換プラットフォーム)、Fog Director (アプリケーション配信マネージャ)など

【関連リンク】
ファナック(FANUC)
NTT
NTTコミュニケーションズ(NTT Communications)
NTTデータ(NTT DATA)

Previous

サービスマックス、IoTとクラウドを活用したSCREEN GPの次世代型フィールドサービス展開を支援

リクルートテクノロジーズ、不動産管理に特化したキーレスエントリーシステム「iNORTH KEY(イノースキー)」発売

Next