ブリヂストンサイクルとドコモ・バイクシェア、IoT活用の付属品開発などサイクルシェアリング事業普及を目的に共同開発を実施

ブリヂストンサイクル株式会社と株式会社ドコモ・バイクシェアは、サイクルシェアリング事業を普及させることを目的に共同開発を行うことに合意した。

2020年に向けて、現在官民挙げて様々な取組みが行われている中、自転車のシェアリングサービスについても、東京都心部において区域を越えた広域相互利用が開始され、また全国の都市や観光地でも展開されるなど、益々導入が進んでいる。

こうした状況をふまえ、今回、ブリヂストンサイクルがこれまで培ってきて保有している自転車等の開発技術と、ドコモ・バイクシェアが保有するコミュニティサイクル等のサイクルシェアリング事業のノウハウを融合させ、ブリヂストンサイクルは自転車(電動アシスト車含む)および自転車関連商品の開発を行い、ドコモ・バイクシェアはサイクルシェアリング事業におけるシステムで使用するために必要となる機能の開発を行う。

具体的には、現在のサイクルシェアリング事業で展開していない折畳み自転車等の新しい自転車(電動アシスト車含む)や、IoTを活用した付属品・関連用品などを開発することにより、2020年に向けて、機能や案内内容を更に充実させるなど、訪日外国人にも使いやすい都市型シェアサイクルの実現を目指し開発を実施していく。

共同開発の例は下記。

<電動アシスト自転車>
ブリヂストンサイクルが既に展開している電動アシスト技術「DUAL DRIVE」を活用した車両開発とドコモ・バイクシェアが開発する管理システムとの融合

<折り畳み自転車>
ブリヂストンサイクルが独自開発した新しいタイプの折畳み自転車をベースとした車両と、 ドコモ・バイクシェアが開発する管理システムとの融合

<自転車付属品・関連用品>
IoTを活用したガジェット(用具)や、乗車時に必要な安心・安全を提供する関連商品

【関連リンク】
ブリヂストンサイクル(Bridgestone Cycle)
ドコモ・バイクシェア(DOCOMO BIKESHARE)

Previous

ヤマトシステム開発、MVNO事業者向けに培ったセットアップ技術と物流ノウハウを家庭用ロボットなどIoT関連機器事業者に提供

TIS・エルブズ・大阪大学石黒研究室、「AIと人の対話シナリオに関する研究」を開始

Next