ファームノートとスカイアーク、農業分野で人工知能・IoT技術の活用を研究する 「Farmnote Lab」を設立

株式会社ファームノートは、グループ会社の株式会社スカイアークと共同で、優れたスマート農業技術の研究・開発を目的として、人工知能・IoT技術を研究する組織「Farmnote Lab(ファームノート ラボ)」を設立した。ファームノートでは牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」にて「Internet of Animals」を提唱し、経済動物をインターネットにつなげ人工知能を活用することで、牛の最適管理を実現する取り組みを行っている。

今回、農業分野での人工知能・IoT技術の研究・開発を目的に設立した「Farmnote Lab」は、ファームノートのビジョンでもある「世界の農業の頭脳になる。」の実現に向け、畜産分野で培った人工知能・ビッグデータ解析・IoT技術(センシング・通信技術)を、畜産に限らず耕種農業分野にも広げ、農業分野への人工知能・IoT普及に取り組むという。

最近では株式会社ソラコムと共同で省電力広域無線規格「LoRaWAN」を利用した放牧牛の行動解析実験を行ったという。

また「Farmnote Lab」では農協・大規模農家の生産性向上のためのシステム開発を請け負うことで、大規模化が進み業務が複雑になる農協・農家の生産・課題を把握し、農業全体での業務効率改善に取り組み、そのノウハウを研究開発に活かす予定だという。

「Farmnote Lab」は今後、スマート農業向けの共同研究・受託研究を広く受け付け、様々な企業・研究機関と連携しながら農業分野での人工知能・IoT活用について研究し、その成果を還元することで、日本の農業に貢献するという。

Farmnote Labのサービス

人工知能・IoT技術を活用したスマート農業向け共同研究・受託研究・研究協力

・農業向けセンサーデバイス開発
・農生産管理ソフトウェア開発
・データ収集プラットフォーム開発
・ビッグデータ・画像解析
・アルゴリズム開発
・実証試験受託

スマート農業システムの受託開発

・農協・大規模農家の生産性改善

【関連リンク】
ファームノート(Farmnote)
スカイアーク(SKYARC)
ソラコム(SORACOM)
Farmnote Color

Previous

セキド、国土交通省へのドローンフライト申請代行サービスを開始

矢野経済研究所、IoTの進展により、2019年クラウド基盤サービス市場は3,500億円と予測

Next