レンジャーシステムズ、IoTコネクティングサービス「monoコネクト」BLEビーコンセンサーに温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーの3種類が追加

MVNO構築支援やIoTデバイス開発・販売などを行うレンジャーシステムズ株式会社は、2016年4月に販売開始をしたIoTコネクティングサービス「monoコネクト」のBLEビーコンセンサーのラインアップの拡充を図り、新たに温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーを2016年8月16日(火)より提供開始した。

monoコネクトは、IoT事業の導入阻害要因の一つであったコストの問題を解消してBLEビーコンセンサー及びゲートウェイの低価格化を実現したIoTコネクティングサービスだ。2016年4月の販売開始後、多くの企業より磁力を検知するマグネットセンサーや重さを検知するマットセンサーだけでなく、様々なセンサーデータを収集したいという要望をがあるという。

そこで、優れたコストパフォーマンスとサービス設計の柔軟性というmonoコネクトのコンセプトはそのままに、要望が最も多く活用の幅が広い温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーを組み込んだBLEビーコンセンサーが開発された。温度や湿度をリアルタイムに計測する温湿度センサー、リアルタイムにモノの動きを3軸で検知する加速度センサー、空間の人の動きを検知する赤外線センサーがラインアップに加わることで、様々な業務へのIoT導入が容易になった。

さらに同サービスは、各種センサーのデータは1台の専用小型ゲートウェイを経由し、顧客のサーバに送信するため、イニシャルコストと毎月のアプリケーションやクラウド利用料などのランニングコストを抑えることができる。

今後も、低価格のBLE/WiFiゲートウェイやBLEビーコンセンサーのラインアップ強化を図るとともに、IoTプラットフォームやアプリケーション事業者と連携し、各企業の課題解決を実現するIoTソリューションの導入に貢献していくという。

レンジャーシステムズ、IoTコネクティングサービス「monoコネクト」BLEビーコンセンサーに温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーの3種類が追加

【関連リンク】
レンジャーシステムズ(Ranger-Systems)
monoコネクト

Previous

IoTxAIが作る製造業の未来 ーウフル 八子氏講演 レポート

データセクションとKAG、人工知能を活用したフィンテック事業を推進する合弁会社を設立

Next