データセクションとKAG、人工知能を活用したフィンテック事業を推進する合弁会社を設立

データセクション株式会社と、株式会社KAGホールディングズは、両者の共同出資により、フィンテック(FinTech)事業領域における新サービス、新技術を開発、販売するためのMoney Data Bank株式会社(以下、MDB)を設立することに合意した。なお、今回設立されるMDBでは、KAGホールディングズ代表取締役小野氏が保有している会計自動仕訳システム特許※(以下「同特許」)の独占的使用権を保有している。

日常生活での金融取引におけるIT活用は日々加速しつつあり、ICカードによる日常の決済や、インターネットによる銀行取引・証券取引など、普段の生活に無くてはならないものとなっている。昨今では、その市場規模は拡大の一途をたどっている。

KAGホールディングズは、証憑を取り込めるクラウド型の財務会計ソフトをはじめとし、長年にわたり金融系システムの開発・運用・保守を一貫して行っている。また、公認会計士としての監査経験も有し、現場で実施する会計業務のすべてを把握している代表取締役の小野氏が考案した同特許と、データセクションがこれまでの業務や研究開発で培った最新の人工知能技術とを組み合わせることで、会計システムの精度向上はもとより、人工知能を強みとしたフィンテック事業の拡大を推進していくという。

具体的には、第一弾として、現在では手入力やOCR等で実施している企業が多い会計業務における請求書情報の入力業務を、データセクションが保有する人工知能技術による最新の文字認識技術とMDBで独占的使用権を持つ本同特許を組み合わせることにより、入力から仕訳、消込まで会計業務に関わるあらゆる工程を自動化する。

※特許の名称:会計仕訳システム、会計仕訳プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体
特許の内容:OCR等で読み取られた会計情報を、一般概念からの推論(一般推論)、過去の履歴からの推論(履歴推論)、売掛金や借入金などの事前に発生した会計事象からの推論(消込推論)で、面倒な会計情報を簡単・正確に自動仕訳を行うことができるシステム。本3つの推論を合わせて使用すること自体が特許になる。

【関連リンク】
データセクション(Datasection)
KAGホールディングズ(KAG HOLDINGS)

Previous

レンジャーシステムズ、IoTコネクティングサービス「monoコネクト」BLEビーコンセンサーに温湿度センサー、加速度センサー、赤外線センサーの3種類が追加

amsのガスセンサ、室内空気質や呼気内のアルコールを測定可能な新型Cling VOCフィットネス・リストバンドに搭載

Next