amsのガスセンサ、室内空気質や呼気内のアルコールを測定可能な新型Cling VOCフィットネス・リストバンドに搭載

amsは、amsグループのケンブリッジCMOSセンサーズ社(CCS)の超低消費電力ガスセンサが、室内空気質や呼気内のアルコールを測定できる中国のウエアラブル・デバイス・メーカー、HiClingの新型Cling VOCフィットネス・リストバンドに採用されたことを発表した。

Cling VOCリストバンドに搭載されたCCS801ガスセンサは、主として室内で発生する低レベルのVOC(揮発性有機化合物)を検出することができる。Cling VOCリストバンドでは、VOC測定結果は空気の質としてリストバンドのディスプレイに表示される。また、人の呼気内のエタノールに反応するアルゴリズムを採用したCCS803ガスセンサを搭載することにより、このリストバンドは、必要に応じて呼気内のアルコール分析も可能になる。CCS8xxシリーズのガスセンサはフットプリントが小さく、ロープロファイルのため、Cling VOCのスリムで滑らかな筐体にも簡単に組み込むことが可能。

CCS8xxシリーズのガスセンサには、CMOSベースの特殊なマイクロホットプレート・プラットフォームが使用されているため、デバイスの小型化や超低消費電力、高速応答といった、ウエアラブル・デバイスに不可欠な要素を満たすことができるという。また、AndroidTM動作環境用の専用アルゴリズムとサンプル・アプリケーションで構成されるソフトウェア・ライブラリを使うことにより、CCS8xxセンサは、多様なポータブル・コンシューマー・アプリケーションに簡単に組み込むことができる。

Cling VOCスマート・フィットネス・リストバンドは、Amazon、TmallおよびJDよりオンラインで販売される予定。

【関連リンク】
ams
Cambridge CMOS Sensors(CCS)
CCS801,CCS803ガスセンサ
HiCling(翰临科技)

Previous

データセクションとKAG、人工知能を活用したフィンテック事業を推進する合弁会社を設立

Microchip、AWSのクラウドに接続するIoT機器に向けたエンドツーエンド セキュリティ ソリューションを発表

Next