オーマ、人工知能搭載の人物検索エンジン「あのひと検索SPYSEE2」リリース

オーマ株式会社は、インターネット上に存在する膨大なページに人工知能を活用し、人物のつながりやその人物に関連するキーワードの可視化をする人物検索エンジン「あのひと検索SPYSEE2」を2016年8月17日(水)にリリースした。

同サービスでは、「◯◯分野」の重要人物、「△△社」の社内ネットワーク、「□□さん」のつながりや得意分野、「××さん派閥」のネットワーク、「☆☆社」の性別比・年代構成がひと目で分かる。また、以下の問題を簡単に解決できる。

・あの分野での重要人物を知りたい
・あの分野の性別比・年代構成が知りたい
・あの大学での中心人物を知りたい
・あの会社の社内ネットワークがどうなっているのかを知りたい
・あの人とつながりのある人を知りたい
・あの人の得意分野を知りたい
・あの人の派閥がどうなっているのかを知りたい
・派閥同士を比較したい

オーマ、人工知能搭載の人物検索エンジン「あのひと検索SPYSEE2」リリース
あのひと検索SPYSEE2 キーワードのページ(PC版)

「あのひと検索SPYSEE2」は、インターネット上に存在する膨大なページから、人物のつながりやその人物に関連するキーワードの可視化を行う検索エンジン。インターネット上での共起関係を用いた独自アルゴリズムに加え、機械学習や人工知能技術を用いることで、人物同士のつながりの強さ、人物とキーワードのつながりの強さを計算している。

また、キーワード(分野、大学、会社など・・)についての性別・年代・出身の構成比率も独自のアルゴリズムにより算出している。これらの技術によって、これまで知り得なかった客観的な人物情報の抽出を実現している。現在、キーワードを約100万件収録。人物を約600万人収録。

※本人、関係者による情報の非表示設定はサイト内から行うことができる。

【関連リンク】
オーマ(Ohma)
あのひと検索SPYSEE2

Previous

IoTとIndustry4.0をテーマにしたカンファレンス 「IoT ソリューションカンファレンス」を開催[PR]

大日本印刷とジェムアルト、事業者および消費者向けにセキュアなIoT接続を提供

Next