シスコとPhone Appli、官公庁/自治体や社会インフラ企業向けに働き方変革やIoTソリューション提供で協業

シスコシステムズ合同会社(以下シスコ)と、UCプラットフォーム開発ベンダーである株式会社Phone Appliは、官公庁/自治体、社会インフラ企業に向けて、働き方変革やIoT分野におけるソリューション提供で協業を行うことを発表した。

昨今、官公庁/自治体、電気/ガス/水道/交通機関といった社会インフラ企業では、利用者の多様化するニーズに対応した細やかなサービス、安心安全を担保する品質の高いサービスが、ますます求められている。提供側もこれらの要求に対応すべく、社員の柔軟な働き方の推進、IoTなど新しいテクノロジーを活用したサービスが注目されている。

利用者の多様化するニーズに対応した細やかなサービスを提供するためには、多様性の高い人材確保、働き方環境の整備が急務となっている。そこで、働き方変革を推進するシスコと、同社のAPIに精通したアプリケーション開発のパイオニアであるPhone Appliが協業し、日本特有の文化や働き方変革に適したアプリケーションを両社で提案、提供していくという。

国内シェアNo.1※1の Web電話帳 「Phone Appli Collaboration Directory(以下、PACD)」 を提供するPhone Appliにより、これまでに培ってきた様々な機能を有するアプリケーションを活用し、顧客に適した新たなワークスタイルの要望に柔軟に対応していく体制を整える。

社会インフラの安心安全なサービス提供を実現するためにいま注目されているのが、IoTやセンサー技術を駆使した「見える化・リアルタイムコミュニケーション」だ。センサー付きメガネ、衣服、ヘルメットなどを現場で働くスタッフが装着し、取得されたデータを見える化し、リアルタイムコミュニケーションを実現することで、新たな危機管理と迅速かつ正確な意思決定ができる仕組みを提供していく。

両者は、Phone Appliが提供する「コラボレーティブIoT」を基盤としたソリューションを共同で提案、販売していく。今後、両者の販売パートナーを通じて顧客に提供できるよう、シスコとPhone Appliにデモ環境/トライアル環境を設置し、顧客へのデモンストレーションを行うなど働き方変革提案を推進していくという。

※1 2015年12月末 MM総研調べ

【関連リンク】
株式会社PhoneAppli
シスコ(Cisco)
フォンアプリ(PhoneAppli)
コラボレーティブIoT

Previous

技術ドリブンではなく、課題解決型IoTを提供する -エスキュービズム・テクノロジー CEO武下氏インタビュー

九州大学・糸島市・富士通研究所、自律成長するAIを用いて移住満足度向上を目指す実証実験を開始

Next