ソフトバンク、場所を選ばずにフィットネストレーニングができるIoTトレーニングデバイス「Move It」を販売開始

ソフトバンク株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「ショッピング」で、場所を選ばずフィットネストレーニングができるIoTトレーニングデバイス「Move It(ムーブイット)」を、2016年8月24日から販売開始した。

「Move It」は、自宅のリビングや寝室など場所を選ばずフィットネストレーニングができる、コンパクトで持ち運び可能なIoTトレーニングデバイス。

ソフトバンク、場所を選ばずにフィットネストレーニングができるIoTトレーニングデバイス「Move It」を販売開始

腕立て伏せで利用する「PUSHUP STAND(プッシュアップスタンド)」、腹筋を鍛えることができる「AB WHEEL(アブホイール)」、伸縮させて肩・二の腕・背筋などを鍛えることができる「RESISTANCE BAND(レジスタンスバンド)」、縄跳びのトレーニングができる「JUMP ROPE(ジャンプロープ)」の4種類の器具がセットになっており、同製品の中核となる各種センサーが入った二つのハンドルを各器具に装着し、スマートフォンの専用アプリと連動させて利用する。アプリでは、各器具専用のトレーニングメニューを選ぶことができ、トレーニングの回数を管理することが可能。

同製品の価格は36,300円(税込み)だが、発売を記念して8月31日まで29,590円(税込み)で販売される。

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
+Style(プラススタイル)
Move It(ムーブイット)
ライテック(LIGHTEC)

Previous

オムロン、人の状態を認識する速度が10倍UPした画像センシングコンポを発売

SME、日本及びアジアのVR市場拡大を目指しLittle Star Mediaと業務提携

Next