FIXER、日本初のMicrosoft Azure Cloud Solution Providerとして米マイクロソフトより認定

株式会社FIXERが、Microsoft Corporation(以下、マイクロソフト)のパートナープログラム「Cloud Solution Provider Program (以下、CSP)」に認定された。

米国オーランドにて2015年7月12日(日)~2015年7月16日(木)開催のMicrosoft Worldwide Partner Conference 2015にてCSPの拡充が発表され、Microsoft AzureがCSPの対象となった。FIXERは、全世界で限られた数の企業が参加した早期展開パートナーの1社としてマイクロソフトに協力し、この度、CSPに認定された。Microsoft Azureに対応したサービスを提供するCSPとしては、現時点では国内でFIXER1社のみとなる。

FIXERはフルマネージドサービス「cloucd.config(クラウドコンフィグ)」により、ITマネージメントに必要とされる、細やかな運用ノウハウを提供し、企業におけるクラウド活用の最適化、最大化を支援してきた。今回の認定により、Microsoft Azureライセンスの課金・管理に加え、Microsoft Azure上のコンピューティングリソースの詳細情報をcloud.configに一元的に取り込むことが可能となり、よりきめの細かいクラウドマネージメントサービスの提供が可能となる。

■cloud.config(クラウドコンフィグ)
FIXERが提供する、「cloud.config(クラウドコンフィグ)」は、Microsoft Azureの導入から運用までを一貫して提供するフルマネージドサービス。Microsoft Azureの販売、展開・移行サービスの提供、24時間365日の運用サービス・サポートを提供。月次での請求や部門別の課金にも対応している。
また、IoTや動画、Gameなどの業種別に最適化したサービスを提供。セキュリティサービスを加えて、Microsoft Azureを最大化できるオールインワンサービスを提供している。

日本マイクロソフト株式会社 務執行役員 パートナーセールス統括本部長 佐藤恭平氏は、以下のようにコメントしている。「日本マイクロソフトは、この度の株式会社FIXER様のCSPへの参加を心より歓迎いたします。クラウドサービスの利用が進むに従い、アプリケーション開発やシステムインテグレーション、ライセンス管理も含めた運用サポートなどの一連のサービスをワンストップで提供を受けたいというニーズが高まっています。こうしたお客様のニーズに対して、FIXER様のcloud.configとMicrosoft Azure を組み合わせた統合サービスの提供が正式に可能となり、クラウドサービスの利便性をさらに高めるものと期待しております。今後も日本マイクロソフトは株式会社FIXER様と連携し、クラウドサービスによってお客様の事業の発展に貢献して参ります。」

【株式会社FIXERについて】
社名:株式会社FIXER
設立:2009年11月6日
代表:代表取締役社長 松岡 清一
コーポレートサイト:http://fixer.co.jp
cloud.config公式サイト:http://cloud-config.jp

Previous

デジタルハリウッド大学院×Mozilla Japanによる寄附講座「IoT・WoTプロトタイプ演習」開講記念、 「WoT がつくる未来」ワークショップを開催

スマートビルの世界市場規模、2020年に363億ドル規模に達すると予想

Next